ファスティングダイエットの注意点!メリットとデメリットを検証

数多くのダイエット法の中にファスティングダイエットというものがありますよね。とても人気のあるダイエット法なので聞いたことがある人も多いと思いますが、いわゆる断食して痩せるダイエットの方法になります。

多くの芸能人やモデルもプチ断食をよくやっていますが、このダイエット法にデメリットはないのでしょうか。そこで、今日はファスティングダイエットを始める前にデメリットの紹介をしておきたいと思います。併せて、メリットも紹介しますので是非参考にして下さいね。

ファスティングダイエットのデメリットとは

その1 リバウンドしやすい

ファスティングダイエットで一番怖いのはやっぱりリバウンドです。どうしてもファスティングダイエットはリバウンドしやすいと言われています。よく「ファスティングダイエットをして2㎏痩せました」なんていう口コミを見かけますが、ファスティングダイエットは一時的に体重が必ず落ちます。

普通のダイエットに比べると体重が落ちやすいのは否定しませんが、その分リバウンドもしやすくなるのです。ではなぜ、ファスティングダイエットが失敗するのかというと、ダイエットを行う前後の食事の内容に問題があるからです。

ファスティングダイエットを行う前の準備期と呼ばれる期間は、高カロリーな食事は避け、野菜や豆腐、海藻などを中心とした食事を行います。そして、ファスティング後の回復食ではおかゆやスープなどの消化に良いものを食べるようにしなければいけません。

とくにファスティングダイエットで重要と言われているのが回復食の内容で、ここでお肉やラーメンなどの脂っこいものを食べてしまうと体重が増えてしまいます。ファスティング後はどうしても食欲が旺盛になるので注意して下さい。

その2 ストレスが溜まりやすい

ファスティングダイエットは断食なので、食事をとれない間非常にストレスが溜まりやすいです。どうしても仕事などに影響が出るという人は休日など休みの日にファスティングすることをおすすめします。

また、ファスティング中にお腹が空きすぎて眠れなくなってしまう人もいるようです。しかし、ダイエットを成功させるために睡眠不足は天敵です。どうしても眠れない時はハーブティーなどを飲んで気持ちをリラックスさせましょう。

それでも、どうしてもイライラしてストレスが溜まってしまうという人はファスティングダイエットを行わない方が良いかもしれません。そういう場合は、置き換えダイエットをするなどしてみると良いかもしれません。

その3 体調を崩すかもしれない

ファスティングダイエットは、きちんと行えば肝臓や胃を休めることができダイエットに効果的なんですが、正しく行わないと体調を崩す可能性があります。セルフでファスティングダイエットを行う場合は1日、長くても3日しかファスティング期間を設けてはいけません。

これ以上、長くファスティングを続けてしまうと栄養失調になる可能性が出てきます。また、拒食症になってしまうかもしれません。とくに自分自身にストイックな人は注意が必要です。医師の監視下で行う場合は、その指示に従って下さい。

その4 家から出たくなくなりやすい

ファスティングダイエットをしている間はなるべくカロリーを消費したくないはずです。なぜなら、カロリーを消費することでお腹が空きやすくなってしまいますよね。それに、友人や知人に会っても一緒にランチやディナーを楽しむことができません。

ですので、ファスティングをする時は引きこもりになりがちです。ただし、長期間、ファスティングをするわけではないので、ファスティングをしている間はのんびりリラックスするよう心がけましょう。

ファスティングダイエットのメリットとは

では、次にファスティングダイエットのメリットについてお話したいと思います。

その1 結果がすぐに表れやすい

ファスティングダイエットの最大のメリットと言えば効果が出やすいことです。ダイエットって、長期間続けないとなかなか結果が出ないことが多いですよね。そうなると、なかなかモチベーションも上がらないし、挫折しそうになりがちです。

しかし、ファスティングダイエットならすぐに結果が表れます。ダイエット効果が出やすいということはその分リバウンドもしやすいです。しかし、早くダイエットの結果を出したい人にはおすすめのダイエット法であることは間違いありません。

その2 デドックス効果がある

ファスティングダイエットをしている間は食事を取ることがないので、体の中は排泄することに集中し、デドックス効果が生まれます。何も食べないと便秘になりそうなイメージがありますが、ファスティングダイエットで便秘が解消した人も多く、腸内に溜まっている宿便を出すことも可能です。

体の中がデドックスすることで、毒素が抜け、美肌効果も生まれると言われています。

その3 胃が小さくなる

胃が大きくなってしまうと、どれだけ食べても満腹にならず、自分では自覚のないまま体重が増えていってしまいます。もし、最近食べても食べても満足しないなと思ったら、胃が前よりも大きくなっているかもしれません。

しかし、ファスティングダイエットをすることで胃を小さくすることができるんです。ファスティング後もきちんと回復食に気を付けて、その状態をキープすることができれば胃は小さくなり、少量でも満腹感を得やすくなり、太りにくくなるでしょう。

その4 精神状態が安定する人もいる

ファスティングダイエットはストレスが溜まりやすいと言いましたが、実はその反対でファスティングダイエットをすることで精神状態が安定する人もいます。食事を取らないと身体がエネルギーを作り出すために肝臓の脂肪酸をケトン体にします。

そして、このケトン体には気持ちを落ち着かせリラックスさせる効果があると言われているため、ファスティングダイエットをすることで気持ちが落ち着く人もいるのです。

その他にも思考力や記憶力、想像力などがアップし、頭が冴えると言われています。また、ケトン体は快楽物質の分泌を促すと言われており、ファスティングダイエット中に幸せを感じる人もいるのです。

ファスティングダイエットはデメリットも知った上で行おう!

以上、ファスティングダイエットのデメリットとメリットを見てきましたがいかがだったでしょうか。今日、紹介したデメリットをまとめてみると

・リバウンドしやすい
・ストレスが溜まりやすい
・体調を崩す可能性がある
・家に引きこもりがちになる

の4つになります。ファスティングダイエットをこれから始めようと思っている人はこの4つのデメリットがあるということをきちんと理解しておかなければいけません。

確かにファスティングダイエットには

・効果が出やすい
・デドックスができる

などなど、短期間で一気に体重を落とすことができるというメリットがあります。
しかし、下手なファスティングダイエットをすることで栄養失調になったり、リバウンドしてしまったり、デメリットが大きいことも事実です。

正しい方法で行えば、ファスティングダイエットはかなり効果的であることは間違いありません。病院でも取り入れられているし、様々なメディアでもメリットは紹介されています。
しかし、ただ断食すれば良いというものではありません。

デメリットをしっかり把握した上でファスティングダイエットに挑戦しましょう。

関連記事一覧