髭が濃くなる原因はこの7つ!日常の意外な行動が要因に・・・!?

髭の悩みって結構デリケートな問題なので人に相談するのって恥ずかしかったりしますよね。では、なぜ髭が濃くなってしまうのか。今日はその原因と対策方法について紹介していきたいと思います。

髭はなぜ濃くなるのか?その原因とは?!

髭が濃い人はできれば薄くしたいと思っている人が多いハズ。ただ、濃い髭の対策方法を紹介する前に、まずはなぜ髭が濃くなるか原因を知っておく必要があります。そこで、なぜ髭が濃くなるのか、その原因について紹介したいと思います。

原因① 筋トレのやりすぎ

筋トレと髭?って思った人も多いかもしれませんが、筋トレをするということは男性ホルモンの分泌が活発になってしまいます。男性ホルモンが活発になると髭が濃くなってしまうので、過度な筋トレのやりすぎには注意が必要です。

原因② 喫煙

喫煙は髭を濃くするだけでなく、健康被害も大きいことで有名ですよね。体の中に有害物質が入っていくので、それを排出しようと男性ホルモンが活発になってしまいます。

また、最近は喫煙所でしかタバコを吸ってはいけないようになってきていますよね。喫煙所に行くといろんな人がいろんなタバコを吸っているので、自然と男性ホルモンが活発になってしまい、髭が濃くなるとも言われています。

原因③ ストレスが多い

仕事や私生活でストレスが増えてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの分泌が多くなってしまうと言われています。そうなると、ストレスによって髭が濃くなってしまうのでストレス発散は重要です。

原因④ 加齢

髭は若い頃よりも年を取るについれて濃くなると言われています。それは、年齢を重ねるにつれてテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量が多くなると言われているからです。テストステロンは5αリラクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンになり、これが体毛や髭を濃くする原因となっています。

原因⑤ 食生活の乱れ

食の欧米化に伴い、お肉中心の生活になってきている人って結構多いですよね。しかし、野菜をあまり食べずにお肉ばっかり食べていると男性ホルモンが活発になり、髭を濃くしてしまいます。できるだけ野菜を中心に栄養バランスのとれた食生活を行うようにして下さい。

原因⑥ 睡眠不足

睡眠不足で髭が濃くなるというわけではありませんが、夜更かしをすることでホルモンバランが崩れてしまいます。そうなると、男性ホルモンが過剰に分泌してしまい、髭が濃くなってしまうこともあるのです。

また、睡眠不足は髭を濃くするだけでなく健康にも良くないのでしっかり睡眠はとるようにしましょう。

原因⑦ 髭を抜いている

髭を抜くのは埋もれ毛の原因にもなるし、あまり良くありません。髭を抜くと毛細血管が傷ついてしまうため、次に生えてくる毛を強くしようとより丈夫に濃くなってしまいます。

基本的には、髭は抜くのではなく、剃るのが一般的です。髭を抜いている人は止めた方が良いでしょう。

髭が濃い人は周りからどう思われているのか

濃い髭の人って周りからどんな風に思われているのか、一緒に見ていきましょう。

・不衛生なイメージを持たれている

朝、きちんと髭を剃っているのに夕方には青髭が目立ってしまう…というのも濃い髭を持っている人の悩みであると思います。そうなると、なんだか不潔なイメージを持たれてしまうんですよね。

無精ひげの人がカッコいいなんて言われていますけど、それはあくまでも髭が似合っている人の話であって、実際似合っていない人が髭を生やしてしまうと印象としては不潔に見られてしまうんです。

・老けて見られる

顔が童顔な人がダンディに見せるために髭を伸ばすのはある意味良いかもしれませんが、多くの人は髭を伸ばすことで老けて見られがちです。個人差もあるので全ての人に当てはまるわけではありませんが、多くの人が更けて見られるので注意が必要です。

髭が薄くなるための対策方法とは

それでは、濃い髭を薄くするための対策方法について紹介したいと思います。

・抑毛ローションを使おう

抑毛ローションに即効性はありませんが、長く使い続けることで徐々に髭を薄くする効果があると言われています。髭を剃った後に抑毛ローションを使うと保湿効果もあるし、良いです。ただし、今すぐ髭を薄くしたい!という人には向いていないので注意しておきましょう。

・日焼けをしよう

肌が白くて青髭が目立つという人は、日焼けをして髭を目立たなくさせるのも一つの手です。ただし、夏は日焼けするのが簡単ですが冬場は日サロに行くなど、多少手間がかかってしまいます。

また、肌が弱い人が日焼けしてしまうとダメージを与えてしまう可能性もあるので、敏感肌の人は止めた方が良いでしょう。

・脱毛サロンやクリニックに行こう

脱毛サロンやクリニックで脱毛するのは女性のイメージが強いかもしれませんが、最近は髭脱毛に来る男性って結構多いんですよ。そこで男性専用のサロンなんかもあったりするので、案外恥ずかしくありません。

ただし、自宅でできる簡単な対策と比べてそれなりの費用と時間は必要になってきます。1回の施術で髭が薄くなるというわけではないので、それなりに通わなければいけません。

ただし、確実に髭が薄くなっていくので、どうしてもセルフケアでなんとかならないという人にはおすすめですよ。

・食生活に気を付けよう

先ほど、肉は髭を濃くするという話をしましたが、では具体的にどんな食生活をしたら良いのかというとアジやサバ、煮干しが男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑制するのに良いと言われています。

他にも大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、男性ホルモンを抑制してくれると言われています。

・ストレス発散のために運動をしよう

運動にはストレスを発散させる効果があると言われています。過度な筋トレは良くありませんが、ストレスは男性ホルモンの分泌を過剰にさせてしまうので、適度なストレス発散は重要です。

日常的に運動をする習慣を身に着けて、ストレスを溜めないよう気を付けましょう。

髭を薄くするための正しい剃り方とは

髭を薄くするためには髭剃りを正しく行うことも重要です。そこで、正しく髭を剃る方法についてお話しておきます。

①洗顔をして清潔にしよう

まずは、しっかり洗顔をして顔の汚れをキレイに落としましょう。顔に汚れや皮脂が残っていると、シェービングフォームなどの馴染みが悪くなり、上手く髭を剃れません。しっかりキレイに洗いましょう。

②蒸しタオルを使って髭を柔らかくしよう

髭を剃る前に、髭を柔らかくするときちんと髭が剃れます。電子レンジなどで蒸しタオルを作って、顔全体を温めてあげましょう。

③シェービングフォームを使おう

髭を剃る時に、シェービング剤を使う人は多いと思うのですが、中でも髭が濃い人はフォーム(泡)タイプがおすすめです。肌を傷つけることなく、優しく剃れるのでおすすめです。

また、髭を剃る時T字タイプのカミソリを使うと良いです。T字タイプを使えばしっかり剃ることができるので、濃い人はT字タイプを選ぶようにしましょう。また、電気シェーバーで髭を剃っているという人はできればカミソリで髭を剃ることをおすすめします。

④しっかり保湿をしよう

最後に、髭を剃った後はしっかり保湿して下さい。きちんと保湿をしておかないと肌が荒れてしまったり、乾燥してしまうので髭剃り後の保湿は重要です。

【まとめ】濃い髭の悩み

以上、濃い髭の原因や対策についてお話してきました。
濃い髭は遺伝と思っていた人も多いかもしれませんが、他にも原因は様々です。
是非、原因に合った対策を立てて濃い髭を改善していきましょう。