色鉛筆おすすめ人気ランキング5選!子供から大人まで楽しめる色鉛筆を選ぶならこれだ!

小学校に入学する前に揃える道具の一つが色鉛筆ですよね。「色鉛筆って、懐かしいなぁ」って思っている人もいるかもしれませんが、最近は大人の塗り絵が流行っていて空前の塗り絵ブームとなっています。

この塗り絵ブーム、実は日本だけでなく世界中で広がっているんですよ。塗り絵って一度始めると時間が経つのも忘れて、ずっと塗りますよね。その時に使う色鉛筆ですが、あなたなら何を使いますか。

そこでここでは色鉛筆の選び方からおすすめの色鉛筆セットについて紹介していきたいと思います。これから色鉛筆を買おうと思っている人は是非参考にして下さいね。

色鉛筆ってどうやって選んだら良いの?

色鉛筆のセットは12色、24色、36色…と、色の数はもちろん、メーカーによっても様々です。そこで、数ある色鉛筆のセットからどれを選んだら良いか、説明したいと思います。

・何を目的にするのか

色鉛筆には水性と油性があります。私たちが小さい頃から使っている色鉛筆は、油性色鉛筆のことです。油性なので水をはじくため、色鉛筆の上から絵の具を塗っても色鉛筆の色は残ります。芯が柔らかく、重ね塗りがしやすいのも特徴です。

一方、水性色鉛筆ですが、色鉛筆で縫った後、水で塗らすと水彩画のようなタッチに仕上げることができます。水に溶けるので、色を混ぜるのが簡単で油性色鉛筆と違って、ぼかし液を使うなどの手間がかかりません。

芯が硬いので、細かいところも塗ることができるし、絵の具より持ち運びがしやすくて簡単です。

・何本いるのかで選ぶ

例えば学校で12色が指定であれば12色のセットを選べば良いですよね。塗り絵をするには12色だと色が足りないので最低でも36色あった方が良いでしょう。塗り絵上級者になってくると24色でも色を混ぜたりしながら塗り絵を楽しめますが、初心者は24色だと少ないです。

また、数が増えればそれだけ値段も上がるので塗り絵をしたい!と思うのであればまずは36色から選ぶのをおすすめします。

・試し書きをしてみよう!

色鉛筆を選ぶ時に試し書きをすることは重要です。どんな風に発色するか、芯は柔らかくて描きやすいかなど自分の好みの色鉛筆を探します。メーカーによって描き心地が全然違うので、まずは試し書きをすることでお気に入りの色鉛筆を見つけてみましょう。

色鉛筆ってそんなに買い直すということがないので、描きやすさや発色は大事です。どうしても失敗したくない人は、単色から購入してみるのも一つの手です。

おすすめの色鉛筆人気ランキングTOP5

それでは、おすすめの色鉛筆ランキングを一緒に見ていきましょう。

1位 トンボ鉛筆 色鉛筆NQ36色 CB-NQ36C

https://www.amazon.co.jp/dp/B0016GHXLG?

色鉛筆と言えば、トンボの色鉛筆を思い浮かべる人は多いでしょう。実際、自分自身も昔、これを使っていた記憶があります。やはり、鉛筆と言えばトンボですよね。定番中の定番なので、迷ったらこれを選ぶことをおすすめします。

こちらの商品は学童用なので価格もリーズナブルです。しかし、大人でも描き味は最高だし、重ね塗りもしやすく、塗り絵には最適です。単色売りもされているので、無くなった色だけ買い足すこともできますよ。

とても評価の高い色鉛筆のセットなので、まずはこちらから始めてみると良いでしょう。

2位 ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット TFC-WCP/36C

https://www.amazon.co.jp/dp/B00BQV2V0Y?

水性色鉛筆を使ってみたいという人におすすめなのが、こちらのファーバーカステルです。芯が折れにくく、油性色鉛筆もあります。普通の色鉛筆として使えるのはもちろん、水彩画のような絵を描くこともでき、描き心地も悪くありません。

また、世界で初めて鉛筆を作った伝統あるメーカーなんですよ。さらに、ヨーロッパのEN71という厳しい安全基準をクリアしているので、お子様にも安心して使わせることができます。コスパも悪くないし、発色も良いですよ。

3位 ステッドラー 色鉛筆 ノリスクラブ 144 ND36P 36色

https://www.amazon.co.jp/dp/B005GSFH2W?

ステッドラーの色鉛筆は6角軸が特徴となっており、鉛筆が転がりにくく、持ちやすいのが特徴です。しかも、子供はよく色鉛筆を床に落としてしまって芯が折れることも多いですよね。この色鉛筆は芯が折れにくいのも特徴なんですよ。

ステッドラーの色鉛筆もヨーロッパの厳しい安全基準をクリアしているので、子供にも安心して使わせることができます。筆圧の弱い子供でもしっかり握ることができるので、小学校の入学祝にもおすすめですよ。

4位 三菱鉛筆 色鉛筆 ユニカラー 72色 UC72C

https://www.amazon.co.jp/dp/B001BMSD64?

三菱の色鉛筆もトンボ鉛筆と並んで定番中の定番ですよね。私が小さい頃からある色鉛筆ですが、周りでもこれかトンボかっていうぐらい使っている人が多かったです。そんな三菱色鉛筆は単色売りもしていて、描き心地も滑らかで使いやすいのが特徴です。

カラバリも豊富で発色も良いのですが、重ね塗りにはあまり向いていない商品ではあります。

5位 Arespark 色鉛筆 72色セット

https://www.amazon.co.jp/dp/B017II8I46?

36色じゃ足りない、でもなるべくお金をかけたくない!という人におすすめの色鉛筆がこちらのArespark 色鉛筆 72色セットになります。お値段1,796円と大変安いのに、高品質で描き心地は抜群、発色も良く、最高です。また、水性色鉛筆なので、水彩画のような仕上がりにすることも可能!

水性色鉛筆のわりには芯が柔らかく、塗り絵をするのもやりやすいのが特徴です。たくさん色が欲しい人はもちろん、なるべくコスパを抑えたい人におすすめですよ。

色鉛筆を上手に使って色を塗ろう

色鉛筆はキレイに色を重ねたり、濃淡を出したりと塗り方を工夫するだけでキレイに色を塗っていくことができます。その色塗りの方法ですが、大きく分けると3つあると言われており、

・平塗り
・ハッチング
・クロスハッチング

に分けられます。

平塗りは、広い面を一気に塗りたい時にとる手法で、紙に対して水平になるように色鉛筆を持ち、一定方向に向かって均一の力で塗っていきます。なるべく弱めの力で塗るよう心がけて下さい。色を濃くしたい時は重ね塗りをするようにしましょう。

ハッチングは同じ方向に向かって細かく平行線を描いていく塗り方です。基本が上手くできるようになったら、縦・横・斜めと角度を変えながら塗ることで違う印象を与えることができます。動物の毛を塗る時などはハッチングが良いと言われています。

クロスハッチングはハッチングを交差させることです。2方向だけでなく、3方向も4方向も重ねることで濃く、暗くすることができます。

以上、3つの手法を上手く利用してキレイに色が塗れるようになりましょう。

色鉛筆の人気ランキングのまとめ

さて、色鉛筆の選び方から人気ランキングまで見てきましたが、お気に入りの色鉛筆のセットは見つけることができたでしょうか。これから色鉛筆を買おうと思っている人は是非参考にして下さいね。

関連記事一覧