ハンドクリームのおすすめ10選!もう手荒れに悩むことがなくなる?!

夏場はあまり気にならなくても冬場はどうしても気になってくるのが乾燥ですよね。とくに水仕事が多い主婦なんかは洗い物の度に手荒れが気になってしょうがない人もいるでしょう。そんな手荒れをなんとかしてくれるのがハンドクリーム!

ここでは、ハンドクリームを選ぶ時のポイントとおすすめのハンドクリーム10選を紹介したいと思います。

ハンドクリームを選ぶ時のポイントとは

ハンドクリームと言っても使われている成分はそれぞれです。そこで、目的別に合わせたハンドクリームを選ぶことが大事になってきます。

手荒れがあまりひどくない時は保湿系クリーム

まず、手荒れがあまりひどくない場合は保湿系のハンドクリームがおすすめです。成分としてはヒアルロン酸やセラミドが使われているハンドクリームが保湿力が高くおすすめです。これらの成分は、手肌の角質層の奥まで浸透するので表面だけでなく肌内部まで潤いを与えてくれます。

ガサガサで酷い手荒れの時は尿素配合

手荒れが結構ひどくて、ガサガサしてしまっている場合は尿素が配合されたハンドクリームを選ぶと良いでしょう。尿素には硬くなった角質を柔らかくする効果がありますが、刺激が少し強いので肌が敏感な人やヒビやあかぎれがひどい人は注意をする必要があります。

ヒビやあかぎれになった時はビタミン系ハンドクリーム

手先が荒れてヒビが入ってしまったり、あかぎれを起こしてしまった場合はビタミン系のハンドクリームを使うと良いでしょう。ビタミンが配合されているハンドクリームには血行促進効果があり、手肌のターンオーバーを正常に戻してくれます。

また、ビタミンEは冷え性にも効果があり指先が冷えている人には最適です。他にもビタミンCには美白効果と美肌効果があるのでハリのある美しい肌にしてくれます。

予防するならワセリン

荒れてしまった手肌に使うというよりかは、手荒れの予防目的で使うのにおすすめなのがワセリンです。ワセリンは赤ちゃんにも使えると言われているぐらい刺激が少ないので、敏感肌の人にも安心です。また、唇の乾燥や火傷の治療なんかにも使える万能クリームで重宝されています。

効果のあるハンドクリームを選ぶなら医薬部外品

手荒れを予防するというより効果の高いハンドクリームを使いたい場合は、医薬部外品の表示のあるハンドクリームを選ぶと良いでしょう。医薬部外品は医薬品ではありませんが、化粧品よりも効果が高く、有効成分がきちんと適量配合されているので効果が早いです。

好きな香りのハンドクリームでもOK

とくにハンドクリームにこだわりのない人は自分の好みの香りでハンドクリームを選ぶのも良いでしょう。ハンドクリームは1日に何度も塗るものなので、自分の好きな香りが付いた商品を使うことで幸せな気持ちになれますよね。

また、普段から香水を付けていたり、香りが苦手という人は無香料のハンドクリームを選ぶのも良いです。

ハンドクリームおすすめランキング

それでは、ハンドクリームを選ぶポイントが分かったところで今度はおすすめのハンドクリームをランキング化してみたので紹介したいと思います。

1位 ユースキン製薬 ユースキンA

おすすめのハンドクリームで断トツ1位に輝いたのがユースキン製薬 ユースキンA
です。ビタミン系のハンドクリームになりますが、ヒビやあかぎれにとても効果的で口コミでも高評価の意見が多いです。

値段も手頃でドラッグストアでもすぐ購入できるし、誰もが一度は見た事のあるハンドクリームなはずです。医薬部外品なので効果性も高いし、子供から大人まで安心して使うことができます。また、手荒れを改善するだけでなく予防もできるので一石二鳥です。

2位 資生堂 ハンドクリーム モアディープ

数十年前に発売された時に爆発的人気を得た商品です。実際、私も覚えているのですが周りのみんながこればっかり使っていましたね(笑)ビタミンEと尿素が配合しているのでガサガサの手荒れにおすすめです。無香料で伸びも良くベタベタしません。潤い成分としてキシリトールも含まれています。

塗ってすぐに家事ができるし、香料が苦手な人にもおすすめですよ。お値段もお手頃で市販品なのでいつでもどこでも購入することができます。

3位 ロコベース ロコベースリペアクリーム

お値段はハンドクリームの割に多少張りますが、乾燥肌の人にピッタリのハンドクリームがロコベースリペアクリームです。セラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸がバランス良く配合されており、保湿系のハンドクリームになります。軽度の手荒れの人におすすめで長時間保湿効果が続きますよ。

また、香料や着色料、防腐剤などが使われておらず、低刺激にこだわった無添加処方となっているので赤ちゃんの肌にも使うことができます。

4位 ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェル

ヴァセリンは定番のハンドクリームですよね。なんといってもそのコスパの良さにはいつも驚かされます。大容量で使い勝手も良く、ハンドクリームだけでなくリップクリームや神のケアなど全身どこでも使えるんです。使用感としては多少ベタつきもありますが、ヴァセリンを塗った翌日は肌がモチモチしていますよ。

5位 ニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラ

ニュートロジーナのノルウェーフォーミュラは、純度99%のグリセリンが配合されているハンドクリームで、世界40カ国以上で愛されているブランドです。ノルウェーの漁師さんの手荒れを治す方法に着目し、研究開発された商品で高純度のグリセリンが角質層の深部まで行き届くのでしっとりします。水仕事をした後でも潤いが続くし、お値段もお手頃です。

6位 資生堂 尿素10%クリーム

ヒビやあかぎれにも効果があると言われている医薬部外品のハンドクリームが尿素10%クリームになります。硬くなった角質を柔らかくし、潤いを与えてくれるハンドクリームで手だけでなくかかとやひざなどにも使えますよ。香が苦手な人も無香料なので安心です。

7位 ロクシタン シアハンドクリーム

ロクシタンは大手百貨店などにも入っている有名ブランドですよね。世界中で愛されているブランドでベストセラー商品になります。実は私自身もプレゼントでもらって使っているのですが、とってもリッチなクリームで肌馴染みが良く、お肌が柔らかくなります。ただ、香りは好き嫌いがあると思うので一度お試しして見た方が良いでしょう。

8位 太陽油脂 パックス お肌しあわせハンドクリーム

パックス お肌しあわせハンドクリームは、天然成分を使用したお肌に安全なハンドクリームです。合成着色料や界面活性剤、防腐剤などが使われておらず、安心して長期的に使うことができます。オレンジの香りが付いているので、香りが苦手な人は要注意です。潤いを保つためにローズヒップオイルとトレハロースが使われています。

9位 花王 アトリックス エクストラプロテクション

アトリックスはハンドクリームのブランドでも有名ですよね。中でもエクストラプロテクションは、ヒビやあかぎれなどの酷い手荒れにもしっかり効果を出してくれます。ビタミンEとヒアルロン酸が配合されているので血行促進し、潤いも与えてくれるんです。

医薬部外品なので効果性も高く、炎症も早く抑えてくれます。香料が使われていないので香りが苦手な人でもOKです。水仕事の多い主婦の人にとっても人気ですよ。

10位 メンソレータム メディカルビタミンクリーム

メンソレータムのメディカルビタミンクリームはその名前の通りビタミンB2とビタミンEが配合されたハンドクリームです。血液の流れを良くし、潤いもしっかり行ってくれます。ビタミンのつぶつぶが配合されているのでそれを潰すようにしながらマッサージしていくとなお良いでしょう。

【まとめ】ハンドクリームおすすめ10選

以上、ハンドクリームの選び方とおすすめのハンドクリームランキングについて紹介してきました。ハンドクリームって種類が豊富でどれを選んだら良いか分からなかった人も多いと思いますが、今日紹介したハンドクリームで気になるものがあれば是非使ってみて下さいね。