マッサージオイルはこれを使えばバッチリ?!おすすめランキング10選!

冬はもちろん、春先もまだまだ乾燥が気になる季節ではありますよね。エアコンが完備されている今の時代は、季節に関係なく肌が乾燥しがちです。そんな時におすすめなのがボディオイル。ボディクリームよりも保湿力が高く、オーガニック商品にこだわりたいという人にもおすすめです。

また、ボディオイルって保湿効果だけでなく美白効果や日焼け止めの効果もあるんですよ。そこでここではボディオイルの選び方やおすすめの人気マッサージに適したボディオイルランキングを紹介していきたいと思います。

プチプラ商品から高価なものまで幅広く紹介していきますので、是非参考にして下さいね。

マッサージオイルの選び方とは

マッサージオイルはオイルならどれを選んでも良いというわけではありません。必ず自分の用途に合ったものを使うようにして下さい。というわけで、まずはマッサージをする時に使うボディオイルの選び方についてお話していきたいと思います。

・配合されている成分で選ぶ

マッサージを目的としてボディオイルを選ぶ時は滑りが良いものを選びますが、肌を保護するだけが目的なのか、それとも保湿まで欲しいのかで選ぶものが変わってきます。保湿効果まで期待するのであれば、スクワランやセラミド、ヒアルロン酸が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

また、オイルと言えばホホバオイルを耳にする人も多いと思いますが、乾燥肌対策としては万能なオイルになります。これはオリーブオイルも同様です。乾燥が原因の肌トラブルって結構多いのですが、これらのオイルでしっかり保湿してあげることで乾燥性のニキビができなくなったりするんですよ。

一方、ミネラルオイルのみを使ったものは肌のバリア機能のみと考えておきましょう。マッサージに使うとなると滑りが良くて肌に優しいです。

その他にもオイルの成分として米ぬかからとれる米油や馬油なども人気です。自分の好みのオイルを選ぶようにしましょう。

・オイルのテクスチャーで選ぶ

マッサージ用としてオイルを選ぶ時はテクスチャーがサラっとしたものよりもトロミのある重いものの方が使いやすいです。伸びが良いと摩擦も減るし、マッサージもしやすいですよ。また、夏はベタベタするのが苦手だから少しサッパリ目のものを使いたいなど季節によって使い分けても良いです。

・香りで選ぶ

香りには癒し効果があります。マッサージをするだけでも気持ちが良いですが、リラックス効果をさらに高めたいという人は好きな香りで選ぶのも良いでしょう。ボディオイルに使われているアロマオイルは温度が高くなると香りが強くなるので、お風呂でマッサージをする時は注意が必要です。

また香りが苦手という方は香料がないもの、もしくは微香性のものを選ぶと良いでしょう。

・使用期限をチェック!

ボディオイルって結構お値段が張るものが多いですが、実は少量でも伸びが良いのであまりたくさんドボドボ使うことはありません。その結果、コスパは結構悪くないんですよ。ただ、ここで気を付けたいのが使用期限です。

オイルは空気に触れると酸化しますよね。酸化したオイルはお肌に良くないし、肌トラブルの原因にもなってしまいます。ですので、オイルを選ぶ際は酸化しにくいオイルを選ぶようにするのはもちろん、使用期限の短いものは容量が少ないものを選ぶようにして使用期限内に使えるものを必ず選ぶようにしましょう。

・ボトルのタイプにも着目!

オイルのボトルにはプッシュ式、キャップ式、スプレー式などがあります。例えばプッシュ式は手が汚れにくいし、ボトルも汚れにくいです。スプレー式は、一気に幅広く塗布することができるので使いやすいというメリットがあります。

キャップ式の場合は使う量を自分の手で調整しやすいですが、オイルが付いた手でキャップを閉めなくてはいけないので汚れやすいです。このように、それぞれの特性を知った上でボトル選びにも着目してみましょう。

マッサージオイルのおすすめ人気ランキング

それでは、おすすめのマッサージオイルをランキング形式で紹介していきたいと思います。

1位 ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル

ナチュラルオーケストラのオーガニックホホバオイルはマッサージだけでなく、クレンジングオイルとしても使える万能なオイルです。純度100%のホホバオイルが使われているのでオーガニックにこだわりのある人でも大丈夫です。

口コミ評価も高く、ナチュラルオーケストラのホホバオイルを使って肌の調子が良くなったという人も多いです。また、携帯にも便利なコンパクトサイズもあるので持ち運びにも便利ですよ。

2位 アロマベラ マッサージオイル アンセンテッド

100%植物由来のオイルで無香料のため香りが苦手な方でも安心して使うことができます。ラインナップも豊富でスポーツマッサージ、リラクゼーションマッサージなど用途に合わせて選べるのも嬉しいですよね。

伸びがとても良く、少量でもしっかりマッサージすることができるのでベタベタせず、初めてオイルを使う人にもおすすめですよ。

3位 ヴェレダ アルニカマッサージオイル

ハーブの香りで元気をサポートするボディマッサージ用のオイルです。このオイルを使ってマッサージをすることで血行促進を促し、代謝がアップします。スポーツ前後や入浴の後に使うのが効果的ですよ。また、ハーブの香りでリラックス効果も期待できます。

4位 無印良品 ホホバオイル

無印のホホバオイルは様々な口コミサイトでも人気が高く、テクスチャーがサラっとしています。保湿効果も高く、全身に使えるのでマッサージの他にヘアケアやクレンジングとして使う人も多いです。価格も低価格でコストパフォーマンスに優れており、香りもクセがなく万人受けするものとなっています。

5位 尊馬油 「ソンバーユ 無香料」

薬師堂のソンバーユは馬油100%で無添加・無香料の商品になっています。植物由来のオイルではありませんが、馬油は近年様々な化粧品にも使われていることが多いですよね。シミやシワ、ニキビなんかに効果があると言われており、お肌に潤いを与えて乾燥からしっかり守ってくれるんですよ。

また、赤ちゃんがもし触れても大丈夫な成分なので安全・安心して使うことができます。

6位 NUXE プロディジュー オイル

NUXE プロディジュー オイルはフランスで人気ナンバー1の売上となっており、スプレータイプで肌に均等にオイルが塗りやすくなっています。ボディオイルのベタベタが気になるという人でもテクスチャーがサラサラしているのでおすすめですよ。

7位 サボン ボディオイル

イスラエル生まれのサボンのボディオイルはなんといっても香りが良いです。その香りはバニラ、ラベンダー、パリョリラベンダー、ムスクの4種類があり、自分の好みのものがきっと見つかります。

アーモンドやアサイーなどの草花から抽出されたオイルが使われており、美白効果も期待できますよ。

8位 ビオレ プライムボディ ボディオイル

ビオレから発売されているプリムボディのボディオイルは大人の女性向けでコスパも良いです。100%天然由来のオイルとなっていて肌馴染みも抜群です。使用感は軽めでしっとりが好きな人はミルクなんかを重ねると良いでしょう。香も自然な香りで万人受けするものとなっています。

9位 クラランス ボディトリートメントオイル アンティオー

クラランスと言えばストレッチマークの予防クリームで有名なブランドですよね。そんなクラランスのボディオイル、アンティーオーはたっぷり配合された植物由来の成分が血行を促進し、肌を引き締めていきます。むくみ対策をしたい人におすすめのボディオイルです。

10位 ジョンソン ベビーオイル無香料300ml

ジョンソンのベビーオイルはロングセラー商品ですよね。誰でも一度はドラッグストアで目にしたことがあると思います。原材料はミネラルオイル、酢酸トコフェロールとなっており敏感肌の人でも使えます。コスパにも優れているし、無香料のものを使いたい方におすすめです。

【まとめ】マッサージオイルおすすめ人気ランキング

以上、マッサージオイルの選び方とおすすめの商品を紹介してきました。マッサージオイルって小さい小瓶に入っているのに高いなーっていう印象が合った人もいるかもしれませんが、実際はそんなに量を使うことがないので高くないんですよ。気になるものがあったら是非、使ってみて下さいね。

関連記事一覧