入浴剤でおすすめ10選はこれだ!お気に入りのものを見つけてバスタイムを楽しもう♪

夏場はシャワーだけしか浴びないという人も冬になると、お風呂でゆっくりバスタイムを楽しむという人も多いでしょう。そんな時、バスタイムをより楽しくするためのアイテムとして入浴剤は最高ですよね。家に居ながら温泉気分を楽しむこともできるし、好きな香りに包まれて贅沢に泡ぶろなんかを楽しむ人も多いでしょう。

そこで、今日はおすすめの入浴剤と入浴剤の選び方についてお話していきたいと思います。普段、入浴剤を使わないという人も要チェックですよ!

入浴剤を選ぶ時のポイント

入浴剤と言っても炭酸ガスタイプや生薬タイプなど様々な種類があってどれを選んだら良いか分からないという人も多いでしょう。そこで入浴剤を選ぶ時のポイントについて少し解説したいと思います。

①使われている成分で選ぼう

入浴剤の効果は、含まれている成分によって変わってくるので入浴剤を使うことでしっかり効果を実感したいという人は成分で選ぶものを変えると良いでしょう。例えば、冷え性がひどくて体の芯から温めたいという人は無機塩類や生薬成分の入浴剤を選ぶと良いです。

無機塩類とは多くの入浴剤に含まれており、塩化ナトリウムや硫酸マグネシウムなどでバスソルトの主成分になります。この無機塩類には体を温める効果があり、湯冷めしにくいと言われているんです。これに加えてさらに体を温めたいという人は生薬が入っているものを選ぶと良いでしょう。ショウガエキスやカプサイシン、トウガラシの成分で体がぽかぽかになります。

次に、疲労回復を促したいのであれば炭酸ガスの入った入浴剤を選ぶと良いです。炭酸ガスの入浴剤はお湯に入れるとシュワシュワと発泡し、血行促進を促してくれます。お疲れ気味の人は炭酸ガスの入浴剤を使うことで疲労回復しやすくなりますよ。

そして、乾燥が気になるという人は保湿成分や酵素の成分が入った入浴剤を選ぶと良いでしょう。セラミドやホホバオイル、スクワランなどの保湿効果の高いお風呂に入ることで肌がしっとり潤います。また、酵素風呂は毛穴の汚れを分解し、肌がツルツルになりますよ。

最後に温泉気分を味わいたい人は硫黄や湯の花の成分が含まれたものを選ぶと良いです。硫黄のニオイが苦手という人もいるかもしれませんが、硫黄には冷え性を改善したり、うち身の回復を促す効果があります。湯の花も天然温泉の成分が結晶となったものです。ただし、硫黄には風呂釜を傷めてしまう場合があるので自宅の浴槽をチェックしておく必要があります。

②好きな香りで選ぼう

入浴剤には様々な香りがあります。ヒノキの香り、バラの香り、シトラスの香り、フローラル系、ミント系などなど種類が豊富です。その日の気分や自分の好きな香りに合わせて入浴剤を選ぶと良いでしょう。

③入浴剤の色で選ぼう

入浴剤は香りも楽しめますが、視覚的にも楽しむことができます。無色透明のお湯がグリーンになったり、ブルーになったり、ピンクになったり。これらのカラーは精神的な癒しを与えるという効果もあります。効果や香りで選ぶのはもちろんですが、カラーに注目して選ぶのも良いでしょう。

④刺激の少ない入浴剤を選ぼう

入浴剤の中には刺激が強いものもあるので乾燥肌や敏感肌の場合、合わないこともあります。敏感肌の人はなるべく天然素材の入浴剤を選ぶようにしましょう。また、子供が小さいうちは天然素材の入浴剤を選んだ方が安心です。

おすすめの入浴剤ランキングTOP10

それでは、おすすめの入浴剤TOP10を紹介していきます。

第1位 バブ 森 の香り 20錠入 炭酸 入浴剤

バブが炭酸タイプの入浴剤で有名ですよね。こちらの商品は森の香りでカラーはグリーン。癒しを求めている人や目が疲れている人なんかには最適です。他にも肩こりや腰痛、リウマチやニキビなどの効果があると言われており、肌に優しく小さいお子さんが居ても安心ですよ。

第2位 きき湯ファインヒート スマートモデル ホットシトラスの香り

きき湯シリーズの中のファインヒートは、体をポカポカにしてくれます。高濃度の炭酸ガスが配合となっているので、疲れが溜まっている時や体がだるい時なんかも最適です。その他にもトウガラシやミネラル、ジンジャーなどが含まれていて体がぽかぽかします。効能としてはあかぎれやひび、あせも、湿疹、肩こり、腰痛、冷え性などなど万能です。代謝アップしたい人もおすすめですよ。

第3位 シークリスタルス 国産 エプソムソルト (硫酸マグネシウム) 入浴剤 2.2㎏約14回分 浴用化粧品

こちらはバスソルトになりますが、発汗効果が高く、しっかり汗を流したい人屋でドックスをしたい人におすすめです。肌荒れも改善するし、痩せやすい体づくりのサポートをしてくれますよ。お値段は少々お高めですが、赤ちゃんでも使える仕様となっており、肌にも優しいです。

第4位 クナイプ バスソルト サクラの香り

クナイプのバスソルトは、ここ10年ぐらい人気の入浴剤ですよね。容器もオシャレでかわいいし、プレゼントにクナイプソルトをあげても喜ばれます。そんなクナイプから出ているサクラの香りは春らしくて入浴タイムも楽しめるとして好評です。高い美容効果があり、肌に潤いを与えてしっとりと保湿してくれます。リラックスしたい人にとってもおすすめです。

第5位 きき湯 マグネシウム炭酸湯 入浴剤 (医薬部外品)

きき湯シリーズのマグネシウム炭酸湯は定番中の定番だと思います。硫酸マグネシウムや炭酸ガスの効果で血行促進や腰痛、肩こりなどの緩和効果が期待大です。デスクワークが多い人や立ち仕事なんかしている人にはとってもおすすめの入浴剤ですよ。詰め替え用も売っているのでボトルを1本購入すれば安上がりですよ。

第6位 ラグゼ デッドシーバスソルト

デッドシーソルトバスは死海の塩が100%使われている天然のミネラル成分が豊富な入浴剤です。実は私も使ったことがあるのですが、発汗作用があり、体を芯まで温めてくれる効果があり、その効果はかつてクレオパトラも愛したと言われるほど抜群です。冷え性を改善したい人はもちろん、美肌効果も得たい!という人にはおすすめですよ。

第7位 バスクリン カラダプラス アロマスパークリング アロマバスコレクション 30g 12包入り 入浴剤 (医薬部外品)

バスクリンのアロマバスコレクションは6種類の香りを楽しむことができるためその日の気分に合わせて香りを楽しむことができます。6種類も香りがあれば、どれか一つは好きな香りが楽しめますよね。効能としてはリラクゼーション効果の他にも血行促進や疲労回復なども期待されていますよ。

第8位 アース製薬 温素 琥珀の湯

アース製薬の琥珀の湯は、アルカリ湯にすることができる入浴剤です。私たちの体は酸性に傾きがちのためアルカリ湯に入ることによって中和されていきます。少しヌルヌルとしていますが、体がぽかぽかになるし、あれもやしっしん、ひびやあかぎれ、肩こり、神経痛、痔、冷え性なんかにも最適ですよ。

第9位 日本の名湯 登別カルルス

日本の名湯シリーズは本当の温泉効果とほぼ変わらないくらいすごいです。まるで本物の温泉に入っている感覚はもちろん、効果も温泉効果と変わらないくらいすごいんですよ。なかなか温泉に行けない人はこれさえあればお家で簡単に温泉気分が楽しめちゃいます。

第10位 牛乳石鹸共進社 お湯物語 贅沢泡とろ 入浴料

泡ぶろでおすすめなのがこちらのお湯物語 贅沢泡とろです。この泡ぶろはただ泡が立つというわけではなく、お肌をしっかりケアしてくれます。お風呂から上がった後もプルプルな肌を作ってくれますよ。

【まとめ】おすすめの入浴剤ランキング

以上、入浴剤を選ぶポイントとおすすめの入浴剤について紹介してきました。入浴剤一つとってもこんなに成分があるなんて驚きですよね。バスタイムって1日の中で1番リラックスできる瞬間だと思います。是非、お気に入りの入浴剤を見つけて下さいね。

関連記事一覧