「目が乾いて痛いな」と思った時におすすめのコンタクト用目薬ランキング10選

コンタクトレンズを使っている人なら誰しも経験があるであろうドライアイ。私自身もドライアイに悩んでいた一人なんですけど、目は乾くし、疲れるし、充血するし…結構ドライアイと言ってもバカにはできないですよね。そんな症状を改善してくれるのが目薬!

そこでここでは、ドライアイに効果のあるコンタクト用の目薬の選び方とおすすめランキング10選を紹介したいと思います。コンタクトでドライアイに悩んでいるという人は是非参考にして下さいね。

コンタクト用の目薬を選ぶ時に注意するポイントとは

コンタクトをしている場合、普通の目薬を使ってはいけません。では、どんな目薬を選ぶと良いのか詳しく解説していきたいと思います。

●配合成分に注目

ドライアイと言っても目がかゆいのか、充血しているのか、疲れているか…などなど症状が微妙に違いますよね。そこで、自分のドライアイの症状がどんなものなのかをしっかり把握して目の症状に合わせて選ぶことをおすすめします。

例えば、ドライアイが原因で目がかゆかったり充血している場合は第3類医薬品の目薬を選ぶようにして下さい。一般的なコンタクト用の目薬は潤い成分に特化したものなのでかゆみや充血は改善しません。ただし、充血用の目薬には血管収縮剤が含まれているものがあり、涙が出にくくなってしまうので注意が必要です。

また、目が疲れている人はビタミンや保水成分が含まれた目薬を選ぶようにして下さい。ビタミン配合の目薬は疲れ目には効果大です。そして目が疲れるのは潤い不足のケースもあるのでヒアルロン酸配合のものを選ぶと良いでしょう。

●防腐剤で塩化ベンザルコニウムが使われているものはNG

コンタクト用の目薬で重要なのは毒性の強い防腐剤が使われているものを選ばないことです。防腐剤の役割がとっても大事なことは百も承知ですが、繰り返し使用することで目に悪影響を与えてしまうことも考えられます。また、防腐剤フリーのものは刺激が少なく安心ですが、日持ちしないものが多いので使用期限を細かくチェックしておく必要があります。

防腐剤が使われている目薬でも塩化ベンザルコニウム以外なら目への影響は低いので安心です。

●人工涙液タイプは低刺激で安心

人工涙液タイプの目薬は塩化ナトリウムや塩化カリウムが配合されており、人の涙に近づけているので低刺激で負担が少ないです。コンタクト自体が目に負担になっているので、できれば人工涙液タイプの目薬を選ぶことをおすすめします。

●使用期限に注意しよう

コンタクトで目が乾くと目薬を差すと思うのですが、点眼回数がどうしても普通の目薬に比べて増えてしまうのでランニングコストも考えなければなりません。防腐剤フリーのものは使用期限が短いので、期限内に使えないと言うことも出てきます。

また、目薬を何度も点眼するのも勿体ないです。一滴で目を潤すには十分な量なので何度も点眼するのはコストパフォーマンス的にも悪くなりますよ。

おすすめのコンタクト用の目薬ランキングベスト10

それでは、おすすめのコンタクト用の目薬ランキングについて一緒に見ていきましょう。

第1位 アイリス アイリスCL-Iネオ 【第3類医薬品】

こちらは使い切りタイプの目薬になります。アイリスCL-Iネオは、目に優しいだけでなくなんとコンタクトレンズにも優しいタイプなんですよ。疲れ目に効果があると言われているタウリンが配合されており、人工涙液タイプの目薬となっているのでとても刺激が弱いです。

また、使い捨てコンタクトレンズだけでなく、ハードやソフトタイプにも最適でコンタクトレンズが変性してしまう成分が配合されていません。どのタイプのコンタクトレンズにも最適で防腐剤フリーとなっています。

第2位 参天製薬 ソフトサンティア 【第3類医薬品】

参天製薬のソフトサンティアは、コンタクトレンズを使っている人だけでなく、ドライアイと診断された人にもすすめの目薬です。防腐剤にも毒性の強いものが使われていないので、安全性に問題もなく、1本で最大10日間も点眼することが可能です。

どのタイプのコンタクトレンズにも使用することができるので、コンタクトをしたまま点眼することができます。

第3位 オフテクス ティアーレW 【第3類医薬品】

オフテクスのティアーレWは使い切りタイプで衛生面も問題ありません。防腐剤フリーとなっているので刺激も少なく、ソフト、ハード、使い捨てタイプのコンタクトレンズにもOKです。ヒアルロン酸が配合されているので、目の潤いを保つことができます。また、ソフトレンズの装着を手助けする働きもあるのでソフトコンタクト初心者にもおすすめです。

第4位 ライオン スマイルコンタクトEX Drytect 【第3類医薬品】

涙に近い成分でできており、ミネラルも補給してくれるので潤いを保持し、ドライアイを防ぎます。また、ライオン独自のとろ~りベール処方によって高粘度の薬液が目に留まってくれるので角膜保護もしてくれますよ。

第5位 武田薬品工業 NewマイティアCL 【第3類医薬品】

数十年前に「マイティア~シーエルー♪」というCMが流行りましたよね。だけだ薬品工業から販売されているNewマイティアCLはブドウ糖が配合されており、目の新陳代謝を促してくれます。疲れた目を癒してくれるので、ドライアイにも最適です。点眼しても目にしみなず、コスパも悪くありません。

どれを買うか迷ったらとりあえずはこれを常備しておくことをおすすめします。

第6位 ロート製薬 ロートリセコンタクト 【第3類医薬品】

ロートリセコンタクトは、ソフトコンタクトやカラーコンタクトの装着が楽にできるよう手助けしてくれます。ブドウ糖やヒプロメロース、コンドロイチンが配合されているので、疲れ目にもピッタリです。全てのコンタクトレンズに使うことができる上に、涙液タイプの目薬なので目にも優しいです。

第7位 ロート製薬 ロートドライエイド 【第3類医薬品】

ロートドライエイドは、従来のロートと比較して約60倍のとろみとなっているため、薬液が目に長時間留まることができるため、角膜をしっかり保護してくれます。そのためドライアイに最適で、ヒアルロン酸も配合されているので潤い効果もアップしています。どのタイプのコンタクトレンズにも使えるので選ばなくても良いですよ。

第8位 ロート製薬 なみだロートドライアイコンタクト 【第3類医薬品】

ワンタッチスクリューキャップとなっているので片手でも簡単に点眼する事ができ、どの角度からでも点眼しやすいです。角膜を保護する成分が最大濃度で配合されているので、コンタクトレンズによる張り付き感やごろつきなどの不快感を解消してくれます。

第9位 サンテ サンテうるおいコンタクトa 【第3類医薬品】

サンテうるおいコンタクトaはポビドンが配合されており、コンタクトレンズによる張り付きや違和感を軽減してくれます。点眼することで潤いベールを作ってくれるのでコンタクトを装着する時の不快感を抑えることもできます。コンタクトレンズを使うとゴロゴロするという人はとくにおすすめです。

第10位 ロート製薬 ロートCキューブクール 【第3類医薬品】

人工涙液タイプの目薬のため刺激が弱く、目に優しい目薬です。ヒアルロン酸、ミネラル、ヒプロメロースが配合されているため目の乾きを防ぎ、潤いを与えてくれます。どのタイプのコンタクトレンズにも使うことができますよ。角度によっては点眼しにくい場合もありますが、最後まで無駄なく使い切ることができます。

【まとめ】おすすめのコンタクト用の目薬ランキング

以上、おすすめのコンタクト用の目薬について紹介してきました。「あ、これ知ってる!」という目薬も中には合ったと思います。コストパフォーマンスも大事ですが、まずは自分の症状と使われている成分をしっかりチェックして自分に合ったものを選ぶようにして下さいね。