美肌成分【エラスチン】とは?肌にハリを与える美サポート成分の秘密!

美容成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸が代表的ですが、実は、エラスチンの重要な美容成分となっています。エラスチンは、肌の土台となっている真皮に存在しており、肌に弾力を与える役割を持っています。でも、エラスチンはそれだけの効果ではなく、もっと凄い効果も持っているのです。

この記事では、エラスチンの持つ効果や特徴などについて紹介していきますので、美容の為に参考にして下さいね。

エラスチンとは何?

そもそも、このエラスチンという成分はどういった役割を持っているのでしょうか。
エラスチンはアミノ酸で出来ている成分で、肌の真皮層に存在しています。タンパク質の一種ですね。そして、コラーゲンやヒアルロン酸同様に肌の土台を作ってくれる成分となっています。

細胞外マトリクスとも言われており、肌のハリや弾力を保つためには非常に大切な成分な為に、エラスチンが不足してしまうと、肌の状態が悪くなってしまいます。

エラスチンは、成長期に多くつくられている成分で20代の後半から徐々に減少して40代になると一気に減るとされています。40代を境目に肌の老化を感じる方が多いと思いますが、その理由はエラスチンの急激な現象とも言われています。エラスチンが減ってしまうと、肌の弾力が失われてしまうので、シミの増加やシワの増加といった肌トラブルが起こりやすくなります。

エラスチンが存在している真皮層とは?

私たち人間の肌は表皮、真皮、皮下組織の3層から構成されています。エラスチンは真皮に存在する成分で言わば、肌を形成する土台の部分です。そして、土台の部分が崩れてしまうとどうなるのか。

肌の表面が凸凹になってしまい、エイジングに繋がってしまいます。では、真皮層においてどのようにエラスチンは存在しているのかと言いますと、これは、網目状に張り巡らされています。

コラーゲンとはどう違うの?

エラスチンはコラーゲンと似たような成分ですが、ここにも違いがあります。コラーゲン同様に、真皮層に存在しているのですが、コラーゲンは約7割を占めていて、肌の弾力をサポートしてします。

一方のエラスチンは、10%にも満たないので、コラーゲンの方が重要な役割を担っているという説もありますが、エラスチンは、コラーゲンを束ねるという役割を持っています。その為、お互いの成分は支え合っていると言えるでしょう。

エラスチンは800個を超えるアミノ酸から構成されており、コラーゲンには配合されていないデスモシンとイソデスモシンといった成分も含んでいます。ここが大きな違いと言えるのではないでしょうか。

また、エラスチンはコラーゲンほどの強度がないのですが、伸縮性に優れています。この伸縮性が肌のハリをサポートしているので、エラスチンは美肌生成には欠かせない成分と言えるでしょう。

エラスチンの役割は?

・肌のハリ、弾力を保ってくれる!

エラスチンは弾力性と伸縮性に優れた成分となっています。コラーゲンと共に、肌の弾力を維持してくれるのですが、ゴムのように伸び縮みしてくれるので、肌に付いた跡をシワになる前に伸ばしてくれたりもします。

つまり、エラスチンが減少してしまうと、弾力が失われてしまい、肌が元に戻らなくなってしまいます。そうなってしまうと、シワやたるみが増えてしまうので、若々しい肌を保つためには、コラーゲンとそれを束ねるエラスチンが必要というわけです。

・エラスチンは靭帯などにも存在する!

肌だけに存在していると思われがちなエラスチンですが、実は、それ以外の部分にも存在していて、私たちの肌を助けてくれます。靭帯に80%、動脈に50%、肺に20%存在すると言われています。

比べて肌に存在するエラスチンは10%程度ですから、この数値から美容と言うよりは生命の維持に必要な成分であると言えるでしょう。実際、エラスチンが減少してしまうと、肌の収縮性が下がってしまい、怪我をする危険性が高まります。

血管のエラスチンが減少すると、血栓や動脈硬化の原因にもなってしまいます。エラスチンは年齢と共に減少するので、こういったリスクを避ける為にも30代に入ったあたりから意識的に摂取するのが良いでしょう。

・エラスチンの減少は血管にリスクが…!

エラスチンは血管にとって大きな役割を持っている成分でもあります。人間の心臓の周りには、弾性型動脈と筋型動脈が存在しており、エラスチンは弾性動脈に多く含まれています。

このような状態で、エラスチンが減少してしまうとどうなってしまうのでしょうか。それは、血管の柔軟性が失われてしまい、動脈硬化や心筋梗塞などに繋がってしまいます。血液系の病気の原因にもなるわけです。

エラスチンを維持するための方法は?

ここまで読んで頂ければ、エラスチンは私たちの健康を維持する為には欠かせない成分であることがお分かり頂けたと思います。しかし、エラスチンは加齢と共に減少する一方で、再生されないという難点があります。ですので、いかにして減らさないかというのが大事です。

・ストレスや生活習慣を改善していこう!

エラスチンの維持に重要なのが、抗酸化と抗糖化の2つです。酸化と糖化は老化の主な原因と言われる現象となっており、これらを防ぐことでエラスチンの減少も防ぐことが出来ます。

また、ストレスを避けることも大事です。現代はストレス社会と言われており、現代人にとってストレスのない生活を送るのは大変なことではありますが、自分なりのリフレッシュ方法を試みていくようにしましょう。

また、規則正しい生活も大切です。これは食生活を含めてです。糖化しやすい食事の過剰摂取はエラスチンの減少を導きます。ですので、食生活に気を配りながら、十分な睡眠を取り、自分の健康を維持して欲しいと思います。その際、サプリメントなどの摂取も視野にいれていきましょう。

・紫外線はエラスチンの敵!

エラスチンは紫外線の影響を受けやすい成分となっています。ですので、日ごろから紫外線対策はしっかりと行っていきましょう。紫外線対策として、ビタミンA・C・Eの誘導体が有効とされていますので、これらの成分は日常的に摂取したいところですね。

・エラスチンはどんな食べ物にある?

エラスチンは食べ物から摂取することも可能となっています。主に、もつやスジ肉、手羽先、軟骨、煮魚、カツオに含まれています。これらの食材は日ごろから意識しないとなかなか摂取できませんが、いつまでも若々しい自分を保つために、そして、いつまでも健康的でいる為に、摂取して欲しいと思います。

エラスチンのまとめ

以上、エラスチンについて説明させて頂きました。一見、美容だけに必要な成分と思いきや、私たち人間の「命」を支える大切な成分であることが分かりました。エラスチンは25歳を目途に減少していくと言われているので、この時期に差し掛かったら、意識的にエラスチンの摂取に務めていきましょう。

そうすれば、いつまでも健康的な状態を保つことが出来ますし、見た目以上に若い自分を保つことも可能となってきます。40代になるとエラスチンが激減するので、手遅れになる前に、エラスチンを摂取して欲しいと思います。

エラスチンを積極的に摂っていけば、美容効果はもちろんこと、健康でいききした体つくりに繋がっていくので、美と健康を両立させることが出来ます。ちょっとした意識で無理せず毎日の食事で摂取できるのもポイントですね。

関連記事一覧