コンビニコーヒーでおすすめのものはどれだ?!各コンビニのコーヒーの特徴をまとめてみました!

最近、コンビニでオリジナルのコーヒーを買うのって結構普通になりましたよね。昔はコンビニで缶コーヒーを買うのが主流でしたが、今ではコンビニで買うコーヒーと言えばレジ横に置いてあるコーヒーを買うという人も多いのではないでしょうか。

淹れたてのコーヒーって香りが良くてとっても美味しいですもんね。個人的にはホットコーヒーはもちろん、アイスコーヒーもカフェラテも好きなんですけどね。というわけで、ここではセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップにおける4社のコーヒーの特徴を紹介していきたいと思います。

是非、コーヒー好きな人は特徴を知ってお気に入りの1杯を見つけて下さいね。

コンビニコーヒーの魅力とは?

コンビニコーヒーの魅力と言えば、本格的なコーヒーが気軽にしかも低コストで飲めることではないでしょうか。カフェや喫茶店のように席に座って待って飲むということもないですし、いつでも好きなタイミングで飲むことができますよね。

また、コーヒーマシーンの近くには砂糖やミルク、シロップがセルフで入れられるようになっているので、自分が好きなものを好きなだけ入れて甘いコーヒーを作ることもできますよね。コンビニによっては、カフェブースがあるところもあるので、1杯コーヒーを淹れて休憩することもできてしまいます。

コンビニコーヒーのマシーンは2つに分けられるって知ってた?

そんなコンビニコーヒーはマシーンのタイプが2つに分かれており

・ドリップコーヒータイプ
・エスプレッソタイプ

となっています。

ドリップ式のコーヒーはコーヒー豆を挽いて、フィルターに入れてお湯を入れて…というお馴染みのものですが、エスプレッソタイプはアメリカーノというエスプレッソをお湯で割ったものを表しています。

ちなみに、ドリップタイプでコーヒーを淹れているコンビニはセブンイレブンとミニストップです。エスプレッソタイプはローソンとファミリーマートとなっています。ドリップタイプのコーヒーを飲み慣れている人からするとエスプレッソタイプのコーヒーは多少の違和感を覚えるかもしれません。しかし、スッキリとした飲み口でとっても美味しいですよ。

【各社コーヒーの特徴を紹介】

それでは、各コンビニのコーヒーの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

①セブンイレブンのコーヒーの特徴とは

セブンイレブンのコーヒーは一番、万人受けするタイプのコーヒーで誰もが美味しく感じる仕上がりとなっています。様々なコンビニコーヒーランキングでも1位を獲得しており、一番美味しいホットコーヒーが飲めると言われています。

4種類の豆が使われており、香りに特徴のある2種類の豆は浅め、味に特徴のある2種類の豆は深煎りされているダブル焙煎が採用されています。豆の渋皮をとる機能があるため、香りが良くコクも深いです。

味の特徴としては、甘みがあって優しい香りで、苦みも程よい感じです。全体的にスッキリしていてバランスのとれた味となっているのでコーヒー初心者にもおすすめです。

②ローソンのコーヒーの特徴とは

ローソンのコーヒーはイタリアのカリマリ社製エスプレッソマシーンが使われており、5つの農園の豆がブレンドされています。コーヒーの豆の種類によって異なった方法で焙煎した後にブレンドするアフターミックス製法が採用されており、苦みが強いのが特徴です。

酸味はあまりありませんが、香りは軽い感じで優しい味わいとなっています。やや苦みが強いので深煎りが好きな人にはおすすめです。ミルクを入れるとマイルドになるので、苦みが苦手な人はミルクを少し足すと良いでしょう。

また、他のコンビニはセルフでコーヒーを作りますが、ローソンだけは店員さんがコーヒーを淹れて手渡ししてくれます。

③ファミリーマートのコーヒーの特徴とは

ファミリーマートのコーヒーはドイツ製のエスプレッソマシーンが使われており、ブラジル、エチオピア、コロンビアの豆がブレンドされています。浄水器が設置されているため純度の高いお水が使用されており、こだわりがあります。

苦みはほとんど感じられず、全体的にスッキリとしたコーヒーで香りもやや弱めです。コーヒー初心者でも問題なく美味しく頂けるでしょう。ただ、濃いコーヒーが好きな人には少し物足りないかもしれません。

④ミニストップのコーヒーの特徴とは

ミニストップのコーヒーはドリップコーヒーで5種類の豆がブレンドされています。ホットコーヒーとアイスコーヒーに使う豆を分けており、その焙煎方法や製法も分けているというこだわりがあります。

ローソンのコーヒーと同じでアフターミックス製法と呼ばれるブレンド方法をとっており、それぞれの豆の特徴に合わせて焙煎の仕方を変えているので、豆本来の味を楽しむことができます。

香りは少し甘めで、軽めの口当たりで飲みやすいです。酸味は甘感じられず、比較的誰もが飲みやすいコーヒーでしょう。

各コンビニのコーヒーのサイズと金額を紹介

●セブンイレブン

・ホットコーヒー(R)100円:150ml(L)150円:235ml
・アイスコーヒー(R)100円:150ml(L)180円:270ml

●ローソン

・ホットコーヒー(S)100円:160ml(M)150円:250ml(L)180円:300ml
・アイスコーヒー(S)100円:240ml(M)150円:295ml

●ファミリーマート

・ブレンド(S)100円:155ml(M)150円:220ml(L)180円:310ml
・アイスコーヒー(S)100円:230ml(M)180円:310ml

●ミニストップ

・ホットコーヒー(S)100円(R)150円
・アメリカンコーヒー(S)100円(R)150円
・アイスコーヒー(S)100円(R)150円

コーヒーの買い方とは?

ローソンはコーヒーを店員さんが作ってくれた後に出来上がりを渡してもらえるのですが、他のコンビニでは自分で作る必要があります。

① 店員さんにカップをもらう
② コーヒーマシンにセルフでカップをセットし、ボタンを押す

以上です。

どのコンビニのコーヒーが一番人気があるのか?

様々な意見はあると思いますが、おすすめのコンビニのコーヒーは先ほど紹介した順番に人気があると言われています。

1位 セブンイレブン
2位 ローソン
3位 ファミリーマート
4位 ミニストップ

の順番です。ミニストップは他の3社に比べて圧倒的に店舗数が少ないですが、コーヒー自体はとっても呑みやすくて美味しいですよ。

コンビニのカフェラテはどうなの?

・セブンイレブンのカフェラテの特徴

全体的に甘めではありますが、コーヒーの味は残っています。ミルクの味が控えめな方が良いという人におすすめです。

・ローソンのカフェラテの特徴

ミルクの味がしっかりするので、ミルクが好きな人におすすめです。とってもクリーミーでカフェラテ好きには堪りません。

・ファミリーマートのカフェラテの特徴

氷がたくさん入っているので薄くなるのが早いです。基本的に薄めの味なので、コーヒーが苦手な人におすすめです。

・ミニストップのカフェラテの特徴

ミニストップと言えばソフトクリームを思い浮かべる人もいると思いますが、あのバニラと同じ生乳がカフェラテにも使われているので、とっても美味しいです。

【まとめ】それぞれ飲み比べをしてみて好きなコーヒーを見つけよう

以上、コンビニのコーヒーを比較して紹介してきました。好みがあると思いますので、できれば全てのコンビニのコーヒーを飲み比べしてみると良いでしょう。きっとお気に入りのコンビニコーヒーが見つかるはずです。

関連記事一覧