浄水器を購入する前に読んで欲しい!選び方とおすすめの浄水器9選を紹介

最近は健康ブームも手伝って、飲み物や食べ物に気を付けているという人も多いですよね。中でも水は毎日飲むものですから、とくにクリーンなものにこだわっているという人も多いのではないでしょうか。

確かに、諸外国に比べて日本の水道水は安全で美味しいと言われていますが、やはり浄水効果のある水を飲むとその違いは歴然ですよね。そんな浄水器ですが、パナソニックやタカギ、ブリタなど様々なブランドから発売されており、正直どれを選んだら良いか分からないという人もいるでしょう。

そこで、ここでは、浄水器を選ぶポイントとおすすめの浄水器について9選紹介していきたいと思います。是非、浄水器を検討している人は参考にして下さいね。

rel=”nofollow” target=”_blank”

浄水器の選び方とは

浄水器と言っても蛇口直結型、ポット型、据え置き型などいくつかのタイプがあります。そこで、まずは浄水器を選ぶ時にどれが自分の家の環境に適しているか考えてみて下さい。

①タイプで選ぼう!

●蛇口直結型

最もスタンダードな浄水器と言えば、水道に直接取り付けるタイプのものです。ヘッドの大きさが色々あるのでご自宅のシンクに合わせたサイズを選ぶようにしましょう。また、購入した後に蛇口の部分と合わなかった…なんてことにならないようにきちんと蛇口のタイプはチェックするようにして下さい。

水道水をそのまま使うことができるので、飲み水としてはもちろん、料理や炊飯にも便利ですよ。

●据え置き型(シンク下据え置き型)

シンクの上に据え置き型の浄水器を設置して、蛇口の水をろ過して使うタイプの浄水器もあります。カートリッジが長く使えるのでランニングコストを抑えることができるのですが、本体自体がとても高く、場所も結構取ってしまうのが難点です。

場所だけが問題になっているのであれば、シンクの下に据え置くタイプを使っても良いかもしれません。シンクも広く使えるし、水栓を自分で交換することができるのでオシャレにすることもできます。

●ポット型

賃貸に住んでいる人で蛇口を替えることができない人におすすめなのが、ポット型の浄水器です。ポットにフィルターを付けて水道水を入れて使うのですが、価格も安くお手軽です。ただし、カートリッジの使用期間が短いのでランニングコストはかかってしまいます。

また、直接水道水からろ過するわけではないので、使う量が決められており、早めに飲み切る必要があります。ただし、冷蔵庫で保存するのでいつでも美味しい水を飲むことができますよ。

②浄水器にかかるコストで選ぼう

●本体価格をチェック!

浄水器の金額はタイプによってバラバラです。蛇口直結型だと2000円~5000円、据え置き型になると2万円~10万円、ポット型だと2000~6000円になります。

●カートリッジの使用可能期間をチェック!

カートリッジの使用期間はメーカーや商品によって大きく変わるため、購入の際は必ずチェックしておいて下さい。目安として蛇口直結型で2~5ケ月、据え置き型で約1年、ポット型で2~3ケ月と言われています。

カートリッジの金額もそれぞれ変わってくるので要チェックです。また、取り換える手間が面倒くさいものもあるので、しっかり考えて購入するようにしましょう。

おすすめの浄水器9選の紹介

それでは、おすすめの浄水器について9個紹介したいと思います。

・三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 クリンスイ モノ MD101 MD101-NC

家庭用品品質表示法に定められた除去対象物質と浄水器協会で決められた除去対象物質に対応している商品で、左右どちらに取り付けることもでき利き手側にダイヤルを向けることができ非常に便利です。

カートリッジは約3か月持つのですが、浄水器にある小窓から汚れを確認することができるので、それを目安に交換すると良いでしょう。

・Panasonic 蛇口直結型浄水器 ホワイト TK-CJ11-W

老若男女問わず使いやすいと言われているのがパナソニックのTK-CJ11-Wになります。原水、浄水、シャワーの切り替えレバーが見やすく、誰でも操作しやすいのが特徴です。また、お手入れがしやすいので浄水器をいつまでもキレイに保つことができます。

カートリッジの交換時期は1年に1回なので手間もかかりません。カートリッジ1つで4000Lの水を浄水できるので1人暮らしから大家族までカバーできます。

・TAKAGI 蛇口一体型浄水器 みず工房 JL206MN-9NL2

蛇口の交換をしたいという人におすすめなのが、タカギの浄水器です。浄水器が中に内臓されているので、料理にもすぐ使うことができます。カートリッジが別売りされているのですが、入れ替えるだけで交換も楽です。

また、タカギのカートリッジを定期便にして交換していると、数年に1度蛇口自体を交換してもらえたりしますよ。デザインもシンプルで高級感もあるので蛇口を交換したい人にはおすすめです。

・BRITA ポット型浄水器 リクエリ BJ-NLQ

ブリタのポット型浄水器は、浄水器初心者にはとってもおすすめです。飲み水だけ浄水器を使いたいという人にはとくにおすすめで、水を汲んでそのまま冷蔵庫に保存しておきます。飲みたい時はそのままコップに注ぐだけなので、冷たくて美味しい水がいつでも飲めます。

このポットで1.1Lの水を浄水できるので3人家族までなら十分カバーできますよ。カードリッジの交換時期も表示されるので分かりやすいですよ。

・東レ 浄水器 蛇口直結型 トレビーノ カセッティ MK203X

デジタル表示液晶が付いているこちらの浄水器はカートリッジの交換時期が一目で分かるようになっており、とっても便利です。だいたい3か月に1回の交換が目安となっているので常備しておくと良いでしょう。

また、8種類のアダプタが付いているので比較的どんな蛇口にも対応できるようになっています。

・Panasonic アルカリイオン整水器 TK-AS44-P

パナソニックのTK-AS44-Pは据え置き型の浄水器になりますが、美味しいアルカリイオン水が飲めることで人気があります。住んでいる場所の水質に合わせて美味しい水を作りだすことができ、他にも洗顔時には弱酸性の水を作り出すこともでき便利です。弱酸性、浄水、アルカリを光で表示してくれるので分かりやすいですよ。

・TOTO キッチン用水栓 浄水器内蔵形 TKGG38E

TOTOのTKGG38Eは、蛇口本体に浄水器がセットされているもので蛇口ごと交換したい人におすすめの商品です。飲み水はもちろん、調理の際に浄水器を使いたいという人におすすめですよ。

価格もそこまで高くないし、カートリッジを交換すればいつまでも使えるのでコスパは悪くありません。

・BRITA ブリタ 浄水 ポット 1.0L ファン ライム ポット型 浄水器 カートリッジ 1個付き スリム エントリーモデル 【日本仕様・日本正規品】

ブリタのこの浄水器は冷蔵庫のドアポケットにも収まるタイプで、とってもスリムなのが特徴です。1人暮らしの人におすすめで、卓上ポットのように使えるサイズとなっています。カラーは4色展開されており、ライム、ブルー、パープル、ピンクの中から選ぶことができますよ。

また、ブリタは海外製なので心配という人もいるかもしれませんが、こちらは日本仕様になっているので安心です。

・日本ガイシ 浄水器 C1 SLIM CW-401

据え置き型にしたいけど、場所の問題が…という人におすすめなのが日本ガイシのC1 SLIM CW-401になります。直径91㎜でとってもスリムな浄水器となっているので、置き場所に困らないし、どんな家庭でも設置しやすいです。

カートリッジは1つ1万円と少し値が張るように思えますが、交換する回数が少ないのを考えるとさほど高くありません。また、2.5L向けになっているので1~3人家族までの方におすすめです。

浄水器はこまめに掃除をしよう

浄水器はキレイで美味しい水を作ってくれるわけですから、浄水器本体もキレイにしておく必要があります。ハンドルや浄水口などをチェックし、しっかりお手入れするようにしましょう。

とくに、ポット型の場合パッキン部分などカビが発生しやすいのでしっかり洗って億必要があります。週1~2回はしっかり磨いておきましょうね。

浄水器の選び方を参考にしてベストな浄水器を見つけよう!

以上、浄水器の選び方やおすすめの浄水器について紹介してきました。いかがだったでしょうか。お水って毎日飲むものだからできればこだわりたいですよね。そんな時に便利なのが浄水器!本日紹介したおすすめの浄水器を参考にして是非検討してみてはいかがでしょうか。是非、自分の家庭にあった使いやすいものを選んでくださいね。

関連記事一覧