女性に多い下半身太りの原因はなに?撃退方法をご紹介!

太っていると言っても全体的に太っているのか、下半身を中心に太っているのか、お腹回りにお肉が付いているのかなどなど色々タイプがありますよね。しかし、俗に言う洋ナシ体型の人は男性よりも女性の方が多い傾向があります。

いわゆる下半身太りなんですが、ではなぜ女性はこのタイプの人が多いのでしょうか。今日はその原因と改善方法について詳しく見ていきたいと思います。

なぜ女性には下半身太りが多いのか

下半身太りが女性に多い理由は大きく分けて2つあると言われています。

理由1-1 長時間、同じ姿勢を取り続けることでリンパの流れが悪くなる

1つ目は仕事などで長時間、ずっと同じ姿勢のままでいることが多い場合、下半身が太りやすくなってしまう傾向にあります。例えばアパレルなんかで働いていてずっと立ちっぱなしの仕事をしている人はもちろん、事務作業なんかで座り続けている人でも基本的に長時間、同じ姿勢をとり続けていますよね。

そうなってしまうと、リンパの流れがどうしても悪くなってしまい、滞りがちになってしまいます。また、リンパが滞るということは血液の流れも悪くなってしまい、浮腫みが出やすくなってしまいます。とくに立ち仕事をしている人なんかはふくらはぎがパンパンになりますよね。それはリンパの流れが悪くなってしまうからです。

そうなると、体内の老廃物も下半身に溜まってしまい、上手く排出されないことから下半身太りの原因となってしまいます。また、下半身太りになってしまうと見た目が悪くなるだけでなく、体感的にもスッキリせず、健康面にも良くありません。

ですので、休憩中にストレッチを取り入れたりしながら下半身太りの防止に努めましょう。

理由1-2 悪い姿勢を取り続けることで骨盤が歪む

上記では同じ姿勢を長時間とり続けるのが良くないと言いましたが、これに加えて悪い姿勢をとり続けることで骨盤が歪んでしまう可能性があります。例えば、椅子に座った時に脚を組むクセのある人や立っている時に片方の足に体重を乗せて立つクセのある人など、心当たりのある人も多いでしょう。

このように悪い姿勢をとり続けることで骨盤が歪み、内臓の位置が少しずつずれていくことで、お腹がポッコリなってしまう人もいます。骨盤回りのリンパの流れや血流も悪くなるし、糖廃物も溜まりやすくなることで下半身が太ってしまうのです。

さらに、女性の場合女性ホルモンの影響で骨盤周辺の靱帯が緩くなってしまい、骨盤が歪みやすくなってしまいます。その結果、下半身が太りやすくなってしまうと言われています。

理由2-1 セルライトが原因

次に2つ目ですがセルライトが下半身太りの原因になっていることが多いです。セルライトは太ももやお尻の周りによくできます。そのため下半身太りになってしまう人が多いのです。また、女性は男性よりも皮下脂肪が付きやすいですよね。

そのため、セルライトが付きやすく下半身太りに悩む女性が多いのです。セルライトって何?って思っている人もいるかもしれませんが、セルライトとは皮下脂肪がたまって硬くなったものです。

例えば、太ももを両手で抑えて右と左の手で反対側に捻ってみます。そうすると凸凹した箇所が出てきますよね。それがセルライトになります。セルライトは一度できてしまうとなかなか無くなることはありません。

そして、このセルライトは皮下脂肪の一種であるため皮下脂肪ができる原因とほぼ同じで食べ過ぎや運動不足が原因になっています。そのため、ついつい脂っこいものや甘いものを食べ過ぎるという人は注意が必要です。

また、お酒をたくさん飲む人もセルライトができやすいです。アルコールは脂肪の代謝を阻害すると言われているので飲みすぎ注意ですよ。それから、今は痩せていたとしても食生活が乱れていくとどうしても下半身太りになりやすくなってしまいます。生活習慣には十分気を付けておきましょう。

理由2-2 冷え性を改善することでセルライトを減らすことができる

冬になるとよく問題になるテーマの一つに冷え性がありますよね。女性って多くの人が冷えで悩んでいます。実はこの冷えが原因でセルライトが作られているって知っていましたか。体が冷えていると血流が悪くなり、そうなると体の隅々まで栄養が運ばれず、老廃物が排出されにくくなります。

そうなると、脂肪が代謝されにくくなり、老廃物と脂肪がくっついてしまいセルライトになってしまうのです。そのため、女性に下半身太りが多くなってしまうのです。先ほどもお話しましたが、セルライトは皮下脂肪の一種なので運動しても落ちにくいです。

脂肪を燃焼するにはまず、内臓脂肪が先にどうしても燃えるのでセルライトは後回しになります。ですので、セルライトが付いてしまった場合は地道にダイエットし続けるしかないのです。

できれば、下半身太りの原因がセルライトの場合はさらにセルライトが増える前に減らしておくことが重要です。セルライトが増えすぎてしまうと落とすのがかなり大変になってしまいますからね。

下半身太りの改善方法とは?!

それでは、下半身太りを解消するダイエットについてお話していきたいと思います。

・骨盤ダイエットをしてみよう

骨盤のゆがみが原因で下半身太りになってしまった場合、骨盤を矯正すれば状態が改善することが多いって知っていましたか。例えば、骨盤スクワットと呼ばれる両足を腰幅に開いた状態で両手を前に出して静止し、背筋をピンと伸ばしてゆっくりと腰を下げられるところまで下げていく運動を1日3回ずつ繰り返すだけで下半身太りが改善すると言われています。

とっても簡単な上に、いつでも場所を選ばずにできるのでおすすめです。下半身太りの原因が骨盤の歪みからきていると思う人は是非やってみて下さい。

・有酸素運動を取り入れよう

運動には無酸素運動と有酸素運動の2種類がありますが、ダイエットには有酸素運動が効果的と言われていますよね。有名な有酸素運動と言えばジョギングやエアロビですが、軽い負荷の運動を長時間続けることで脂肪が燃焼すると言われています。

セルライトは脂肪の一種なので有酸素運動は効果的です。初めはウォーキングなど取り組みやすいものからスタートしていき、徐々にジョギングに移行していくのも良いでしょう。とくにウォーキングやジョギングは下半身の筋肉を使うので、下半身のリンパや血液の流れを促進し、老廃物の排出を促します。

・食生活を改善しよう

下半身太りを改善するためには運動はもちろん、食生活にも気をつけなければいけません。とくに甘いものが好きな人は摂取カロリーが高くなってしまい、脂肪が付きやすくなってしまいます。

また、レトルト食品や塩分の多いもの、濃い味付けが好きな人も要注意です。どうしても濃い味付けが好きな人は塩分も添加物もいつのまにか多く摂っている傾向にあり、浮腫みやすくなってしまいます。

味はなるべく薄味を心掛け、食生活を改善し、併せて有酸素運動を取り入れるなどしながら下半身太りを改善していきましょう。

下半身太りの原因と改善方法のまとめ

以上、下半身太りの原因と改善方法について紹介してきました。
なぜ、女性に下半身太りの人が多いのか納得できたのではないかと思います。どうしても、仕事の関係上、立ちっぱなしだったり、座りっぱなしだったりする人も多いとは思いますが、同じ仕事をしていても下半身太りじゃない人だっていますよね。

ですので、自分の体型を諦めてはいけません。休憩中にストレッチをしたり、外食を止めて自炊をしたり、軽くウォーキングを始めてみるなどできることから取り組んでみましょう。

 

 

関連記事一覧