正しいダイエットは「食事」にあり!痩せるための正しい食べ物とは?

ダイエットのイメージと言えば、厳しい食事制限をして運動をするのが主流ですよね。スポーツ選手も減量する時は、必ず最後は食事制限をして痩せている人がほとんどですが、できればダイエットをするにあたり、厳しい食事制限を避けたいと思っている人も多いはずです。
そこで今日は、ダイエットに良いと言われている食べ物を紹介していきたいと思うので、これからダイエットを使用と思っている人は是非参考にして下さいね。

ダイエットは食事の量をらすだけで良いのか

冒頭でもお話したようにダイエット=食事制限をするというイメージが強いですが、本当に食事制限をするだけで痩せることはできるのでしょうか。というわけで、検証していきたいと思います。

一時的に痩せてもリバウンドしやすくなる

人は食べ物から栄養を摂取して生きていくことができる動物です。生命活動を維持するために必要なカロリー以上にカロリーを摂取すると、その余剰分は脂肪として蓄えられていきます。逆にカロリーが少ないと脂肪がエネルギーとして使われていくため、体重が減るというわけです。

ということは、食べる量を減らせば痩せることはできると言えます。しかし、これは一時的に痩せるだけでリバウンドしやすくなってしまいます。なぜなら、食事量を減らすと脂肪だけでなく、筋肉量も減ってしまい、基礎代謝が落ちてしまうからです。

ですので、ダイエットをする時は食事制限だけをするのではなく運動も必要になってきます。また、食事制限を主とするダイエットは少し痩せてから挫折する人が多く、結果的にまた食べ始めることによってダイエットを開始した時よりもさらに太ってしまう人も多いです。

食事の量が減ることで栄養が偏り、不健康になる

食事の量を減らす時、栄養バランスのことを考えず、ただ量を減らしているという人は非常に多いと思います。そうやって、何も考えずに食事の量を減らしてしまうと健康を害してしまう恐れがあります。

とくに最近、人気のダイエットで炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットがありますよね。確かに糖質を摂り過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいますが、糖質不足によるデメリットを考えたことはありますか。

糖質が不足すると脳の動きが鈍くなり、集中力が切れてしまったりします。その他にも脂質を減らす人もいると思いますが、今まで摂り過ぎていた人が減らす分には良いとしても極端に量を減らしてしまうことで健康被害にあってしまう可能性もあります。

そのほかにも免疫力が落ちてしまい、風邪を引きやすくなったり、体調を崩しやすくなってしまうので主食を抜くダイエットやある一定の食品だけを摂らないダイエットはあまりやらない方が良いでしょう。

ダイエットに良いと言われている食品とは

では、ダイエット中でも積極的に摂取したい食品を紹介したいと思います。

Food and sheet of paper with a diet plan on a dark wooden table. Concept of diet and healthy lifestyle.

ダイエット中に摂りたいマイナスカロリー食材があるって本当?!

ダイエットと言えば、食べるものを我慢するイメージがありますが、逆にダイエット中だからこそ摂っておきたい食べ物もあります。食べ物は食べた分だけ、カロリーが増えていくように思いがちですが、実は食べたものを消費するためのカロリーの消費が体内で行われています。

もちろん、ほとんどの食べ物は消化のために消費されていくカロリーよりも、栄養として摂取されていくカロリーの方が多いです。しかし、野菜を中心とした食べ物の中には消化で消費されるカロリーが多いものもあります。それをマイナスカロリー食材と呼んでいます。

では、実際にマイナスカロリー食材にどのようなものがあるかというと

・ブロッコリー
・セロリ
・アスパラガス
・人参
・ホウレンソウ
・玉ねぎ

などなどがあります。いずれも食物繊維を豊富に含み、老廃物の排出も促し、代謝をアップさせる働きがあります。これらの食品は食べれば食べるだけ痩せられるし、健康的にも痩せることができて一石二鳥なんです。

そもそも野菜はマイナスカロリー食材ではなくても低カロリーのものが多く、脂肪の吸収を抑えたり燃焼を手伝ったりしてくれるものが多く、エリンギやエノキなどのキノコ類も同じと言えます。

野菜ときのこを中心とした食材を使って料理をすれば、空腹になりにくく、リバウンドしにくくなるでしょう。

低カロリーなのに満腹になる食べ物とは?

食事制限で一番辛いのは、お腹が空くことですよね。これに打ち勝てず、結局高カロリーのものを食べてしまってリバウンドしてしまうパターンは非常に多いです。ただ、同じカロリーの食べ物でも満腹感を感じられる食べ物と感じられない食べ物があるため、できるだけ満腹感を感じられる食べ物を食べることでリバウンドを防ぐことは可能です。

とくに低カロリーで満腹感を感じられる食べ物を食べればダイエットにつながります。例えばこんにゃくや寒天がこれに当たるのですが、食べて分かるように意外とお腹いっぱいになるはずです。しかも食物繊維が豊富なので腸内洗浄までしてもらえるんですよ。

そんなこんにゃくや寒天を使った料理って実はたくさんあって、こんにゃくラーメンなんかはどうしてもダイエット中にラーメンを食べたい人にとってはおススメです。カロリーはスープぐらいしかないですし、ラーメンを食べた気分になれます。

また、麺類は基本的にカロリーが高いため、ダイエット中は敬遠しがちですが、どうしても食べたくなってしまった時はそばがお勧めです。そばは、麺類の中では低カロリーで腹持ちが良く、食物繊維が豊富でたんぱく質も含まれていて、ダイエット中の人にとっては都合が良いでしょう。

他にも咀嚼回数が多いと満腹感が自然と得られるため、するめダイエットというものもあります。ご飯を食べる前にするめを噛むことで食欲を抑えることができるし、たんぱく質も摂ることができて一石二鳥です。

野菜だけでなく、肉や魚もしっかり食べること

ダイエット中だからこそ、肉類や魚類は重要です!

たんぱく質が不足するとダイエットに良くない

ダイエットの食事内容と言えば野菜中心が鉄則ですが、全く肉類をとってはいけないというわけではないですし、むしろ肉類は摂取した方が良いと言われています。なぜかというと、たんぱく質が不足してしまうからです。

とくに、運動と併せてダイエットをしている場合、脂肪が燃えるとともに筋肉量も落ちていきます。そうなると、代謝量が落ちてしまいますよね。また、赤みの肉にはビタミンB群やL-カルニチンが多く含まれており、脂肪の燃焼を助けてくれるんですよ。

ただ、どうしてもカロリーが気になってお肉は食べたくないという人は鶏肉のささみを中心に食べると良いでしょう。筋トレしている人にはお馴染みですが、ささみは低カロリー・高たんぱく質の食品として有名です。

魚にはダイエットに良い不飽和脂肪酸が含まれている

次に魚ですが、魚類も肉と同じようにたんぱく質が豊富な食べ物となっています。魚を食べて筋トレすることで代謝量も上がって太りにくい体になるし、何より魚類には不飽和脂肪酸が含まれています。

不飽和脂肪酸と聞くと、油だからカロリーが高そうと気にする人も多いかもしれませんが、一般的な油と違って代謝アップを図ってくれるのです。血液中のコレステロールや脂質を抑える効果があるので、ダイエット中こそ積極的に摂取しておきたい食品になります。

ダイエット中に積極的に食べたい食べ物のまとめ

以上、ダイエット中に食べておきたい食べ物についてお話してきました。
ダイエット中は、量を減らすことよりも食事の内容に気を遣うことが重要です。脂質や糖質の摂取しすぎも良くないですが、全く摂らないのもNGです。

また、カロリーがどうしても気になる人はできるだけマイナスカロリー食材や低カロリーの食材を摂取するようにして満腹感を感じられる食べ物を中心にすると良いでしょう。それから、肉類や魚類も代謝アップのためにしっかり摂取しましょうね。

関連記事一覧