青髭を無くしたい!おすすめの対策10選をご紹介!

朝、髭剃りをしても夕方にはもう青くなってしまっている…このような青髭で悩んでいる男性は結構多いです。青髭って老けて見えてしまうのはもちろん、女性からすると、なぜだか不潔なイメージになってしまいます。

もちろん、無精ひげや剃り残しもあまり良い印象ではありませんが、これは髭を剃ることで解決しますよね。しかし、青髭の場合は違います。髭を剃っても解決しないため、多くの人が悩んでいるのです。

そこで今日は青髭の原因とその対策方法について10個紹介したいと思います。是非、参考にして下さいね。

そもそもなぜ青髭になってしまうのか

青髭の対策方法についてお話する前になぜ、青髭になってしまうのか。その理由の一つに皮膚が薄いことが挙げられます。皮膚の中が透けて見えることから、いくら深剃りしても青髭が無くなることはありません。とくに肌が白い人は青く見えてしまいます。

また、青髭の原因として男性ホルモンが挙げられます。男性は、年齢を重ねるにつれて、男性ホルモンが増えていき、5αリラクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンが生成されます。これが原因で髭が濃くなっていき、逆に髪の毛は薄くなってしまうのです。

ということは、青髭を改善するためには生えている毛を処理するだけでなく、その前段階に着目する必要があります。

青髭にはコレでOK!青髭対策を10個紹介!

青髭は剃ってもどうにもならないなら諦めるしかないのか…。と思っている人もいるかもしれませんが、実は青髭を改善する方法はたくさんあります。そこで、今から青髭対策について10個紹介していきますので、しっかりチェックしていって下さいね。

①正しく髭剃りをする

実は、青髭対策として正しく髭剃りをすることは重要です。なぜなら、できるだけ剃り残しを減らし、肌荒れを防ぐことができるからです。その方法ですが、まずはしっかりと洗顔した後にホットタオルを使ってひげをふやかします。

その後、シェービングフォームを使って、毛の流れに沿ってひげを剃っていきましょう。また、髭を剃る時間帯ですが朝は髭が伸びやすいと言われているので、朝10時以降が良いと言われています。もし、この時間帯に剃ることができるのであれば10時以降に剃りましょう。

②男性ホルモンの分泌を抑える

髭が濃くなる理由は男性ホルモンの分泌量が増えるからだと言われていますよね。ということは、男性ホルモンの分泌量を抑えれば髭は薄くなるというわけです。では、男性ホルモンの分泌を抑えるためにどうしたら良いのかというと

・栄養バランスのとれた食事をする
・筋トレしすぎない
・ストレスを溜めない
・タバコやアルコール摂取を控える
・性的興奮を抑える
・睡眠をよくとる

などなどです。これらを控えることでストレスにならないようにできるだけ生活習慣を整えていきましょう。

③髭用コンシーラーを使う

髭を隠すために髭用のコンシーラーがあるって知っていましたか。コンシーラーって何?って思っている人もいるかもしれませんが、部分用ファンデーションのことです。最近は髭用のコンシーラーも売っているので、これを気になる青髭に塗るだけで青髭が目立たなくなるんですよ。

その上からさらにファンデーションを塗って隠してもOKですが、化粧品に抵抗のある人にはお勧めできません。

④抑毛ローションを使う

青髭対策として根本から改善したいなと思っている人は抑毛ローションを使うと良いでしょう。即効性はありませんが、長く続けることでだんだんと青髭が目立たなくなってきます。
脱毛に比べるとコスパも良いし、自宅で手軽にできるので人気があります。

使い方として髭を剃った後に抑毛ローションを塗布することでさらに効果的と言われています。時間がかかるので、根気強くケアができるという人にお勧めです。

⑤日焼けをする

青髭で悩んでいる人の多くは、色が白い人が多いです。ということは、日焼けをすれば青髭は目立たなくなります。それに日焼けをすることでよりワイルドに、そして健康的に見えます。

ただし、皮膚が弱い人にはお勧めできません。それから夏場は外に出て日焼けすることができますが、冬場は日焼けサロンなどに行く必要があるため多少面倒くさいかもしれません。

⑥毛抜きで抜く

毛抜きで1本1本、髭を抜いていく方法は確かに抜いた直後は毛根から毛が抜けるので髭が目立たなくなります。しかしこれは一時的なもので、また新たに生えてきます。それに開いた毛穴に雑菌が入って炎症を起こしてしまうかもしれません。

さらに炎症を起こした毛穴が閉じてしまうことで、埋もれ毛が発生してしまうことも十分ありえるのであまりこの方法はおすすめできません。できるだけ避けるようにして下さい。

⑦除毛ローションを使う

除毛ローションには抑毛ローションのように毛を細くしていく効果はありませんが、ひげを剃る時に除毛ローションを使うことで毛穴の中まで、ある程度髭を剃ることができるので青髭を改善することができます。

ただし、除毛ローションを使うことで肌が荒れてしまう人もいるので、肌が弱い人は注意が必要です。自宅で簡単にできる上にコスパも良いので、青髭対策としてはお勧めです。

⑧脱毛サロンに行く

自宅で簡単にできる青髭対策では満足できない人にお勧めなのが脱毛サロンです。脱毛サロンは、費用はかかりますが自宅では処理できないほどの仕上がりになります。しかも、自分で処理しなくて良いので手間がかかりません。

最近はメンズエステも増えてきているので、エステに通うのも恥ずかしくないですよ。ただし、予約をとったり、サロンに行く必要はあります。また、個人差はありますが痛みもあります。脱毛サロンを検討しているけど、金額や痛みなどが気になるという人は無料カウンセリングに足を運んでみると良いでしょう。

⑨医療脱毛をする

青髭で悩んでいる人の中には、どうしても永久脱毛したい人もいるでしょう。そんな人にお勧めなのが医療脱毛です。医療脱毛は、脱毛サロンでは使うことができないレーザー脱毛ができるため、高い出力を使い、短期間で髭を永久脱毛することができます。

しかも、クリニックで脱毛するので何かトラブルが起きても安心です。ただし、費用は脱毛サロンに比べて高いし、それなりの痛みも伴います。医療脱毛は痛みが強いことで有名なので、ある程度の痛みは覚悟しておかなければいけません。

本日、紹介した対策方法の中で一番効果は高いですが、痛みも強くコストがかかることは覚えておいた方が良いです。

⑩髭を伸ばしてみる

もし、会社的に髭を伸ばすのがOKなのであれば思い切って髭を伸ばしてみると良いでしょう。最近は、髭ブームの影響もあってか、多くの芸能人がオシャレに髭を伸ばしています。
自分に合う髭の形を見つけて、髭を伸ばすことでオシャレに決めることも可能です。

是非、ワンポイントとして髭を伸ばすことも考えてみてはいかがでしょうか。

青髭対策のまとめ

以上、青髭の原因と対策方法について10個紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
中にはこれ、実践している!というものもあったかもしれません。脱毛サロンや医療脱毛は確かに青髭対策としては一番手っ取り早い方法ではありますが、費用とサロンやクリニックに通う時間なども考慮しなければなりません。

いずれにせよ、本日紹介した対策方法で興味が湧いたものがあれば是非チャレンジしてみて下さいね。

関連記事一覧