下半身太りは「むくみ」せい?むくむ原因を知れば、すっきり美脚が手に入る!

冬になると多くの女性はブーツを履きますよね。ブーツを履く時は問題ないけど、ブーツを脱ぐ時、足がパンパンで脱げなくなってしまったという経験がある人って意外と多いと思うのですが、いかがでしょう。

また、夕方になると足がむくむという話もよく聞きますが、足がむくんでしまうと見た目に影響が出るだけでなく、ひどくなると体調が悪くなってしまいます。とくに女性はむくみが起こりやすいと言われており、なんと97%の人が自覚症状があると言っており、ほぼむくみを経験しているということになります。

しかし、このむくみ。いったいなぜ起こるんでしょうか。そこで今日は、むくみのメカニズムとむくむ原因についてお話していきたいと思いますので、むくみでお悩みの方は是非チェックして下さいね。

体がむくむメカニズムについて

では、まずなぜむくみが起こるのか、そのメカニズムについて見ていきたいと思います。

むくみは間質液のバランスが崩れることで起こると言われており、間質液は細胞と細胞の間に存在する水分のことを指しています。人間の体内に存在する水分は細胞外液と細胞内液の2種類があるのですが、細胞内液は全体の3分の2、残りの3分の1が細胞外液となっています。

そして、細胞外液の80%が間質液で残りの20%が血液やリンパ液と言われています。実は血管には小さな穴があり、そこから水分が出たり入ったりしながらバランスを保っていくのですが、このバランスが崩れることで血管から水分が過剰に出てしまい、間質液が増えてしまうため体がむくんでしまうのです。

下半身がむくむ原因を6つ紹介!

では、むくみが起こる原因について6つ、紹介していきたいと思います。

その1 下半身の筋力が弱い

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれいているのは知っていますよね。血液を心臓に送り返す働きがあり、重要な役割をしているのですが、足の筋肉が十分にないと血液を心臓に戻すことができません。そうなると、下半身に血液やリンパ、水分が溜まってしまいむくみを引き起こしてしまいます。だから、筋肉量の少ない女性の方がむくみに悩まされるのです。

また、若い頃は何ともなかったのに年齢を重ねるとむくみやすくなったという人は筋力が落ちている可能性があります。さらに、ダイエット中は筋肉が低下しがちなのでさらにむくみやすいです。

もし、筋力の低下が原因でむくみやすくなっているのであれば、浮腫みの解消法としては太ももやふくらはぎの筋力を付ければOKです。いきなりトレーニングを開始すると肉離れを起こすかもしれないので、まずはウォーキングやストレッチなどの軽い運動から始めてみると良いでしょう。

その2 デスクワークなど長時間同じ姿勢でいる

女性は事務作業のお仕事が多く、デスクワークをしている人が多いですよね。そうなると長時間、同じ体勢でじっとしておかなければいけません。長時間同じ姿勢でいると、リンパや血液の流れが悪くなってしまい、むくみやすくなってしまいます。

対策法としては休憩時間にストレッチやマッサージをするなどして足を動かしてあげると良いでしょう。たったこれだけですが、むくみの改善や予防につながるので是非、足を動かすようにして下さいね。

その3 塩分の過剰摂取

私たちは知らず知らずのうちに塩分を摂り過ぎています。昔は、薄味で和食中心の生活をしていましたが、現代人はどうでしょう。食の欧米化が進むにつれ、洋食の割合が増え、さらにはインスタント食品などの加工食品やジャンクフードを食べるようになり、塩分を摂り過ぎてしまっています。

食事摂取基準による1日の塩分量の目安を見てみると男性は10g、女性は8gと言われていますが、実際はこれ以上に摂取している人がほとんどです。塩分を摂り過ぎてしまうと、血液中の水分量が増えるためむくみにつながってしまいます。

また、塩分過多はむくみやすくなるだけでなく、高血圧や腎臓病、骨粗鬆症、胃がんなどの原因となってしまうので、塩分の摂り過ぎには注意しましょう。

その4 体が冷えている

女性に多いと言われている冷え性ですが、むくみの原因に冷え性もあります。体が冷えてしまうと血行が悪くなり、筋肉が萎縮してしまうことからリンパ液の流れが悪くなってしまいます。

そこで冷えを解消する方法としては、湯船に浸かるはもちろん、足湯をするのも良いと言われています。他にもセルフマッサージを行ったり、生姜を食べたり、お白湯を飲んだり、体の中から温めるようにすることも大事です。

できるだけ、ジャンクフードやインスタント食品を摂るのは止めて栄養バランスのとれた食事をしましょう。

その5 骨盤が歪んでいる

出産後、よく骨盤が歪んでしまうという話を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、骨盤が開いてしまうと血液やリンパの流れが悪くなり、むくみやすくなると言われています。また、骨盤が開いてしまうと太りやすくなってしまうため、ダイエットをしてもなかなか痩せません。

その他にも腰痛や生理不順などむくみ以外にも体の様々なトラブルを発症してしまうので、要注意です。また、出産しなくても骨盤は日々の生活で少しずつ歪んでいくと言われています。ストレッチなどを行って骨盤を元の位置に戻していきましょう。

その6 病気の可能性がある

実は体がむくむ原因には病気の可能性が秘めていることもあります。大切なことは、病気のサインにいち早く気付いて早めに病院を受診することです。では、身体がむくむ原因となっている病気について一緒に見ていきたいと思います。

下半身がむくむ病気とは?!

心不全

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割をしているのですが、心臓の働きが低下してしまうと、血液が体内にスムーズに運ばれなくなってしまい、どうしても心臓から遠い下半身の部分に水分が溜まってしまいます。

また、心不全の場合はむくみの他に動悸、息切れ、呼吸困難などの症状があるのでチェックしてみて下さい。

腎臓の病気

腎臓の働きが弱ると利尿作用が上手くいきません。体内の余分な水分を外に排出することができなくなるので、むくんでしまいます。腎臓の病気の場合、下半身だけでなく顔がむくむことも多いので異変を感じたら病院に行きましょう。

下肢静脈瘤

血液が逆流するのを防ぐために弁があるのですが、下肢静脈瘤になるとその弁が正しく閉じなくなってしまい、血液が逆流してしまうことで体がむくんでしまいます。症状としては、片方の足だけむくんでいたり、静脈がボコボコ浮き出ていることが多いです。

肝臓の病気

肝臓は生きていく上で大切な臓器ですが、肝臓が弱ってしまうとアルブミンの量が低下してしまい、血液の濃さを調整することが難しくなってしまいます。そうなると、血液中の水分が皮下脂肪に流れ出ていってしまい、むくんでしまうのです。

肝臓の病気は自覚症状がないと言われているので、とくに注意が必要です。

むくみを対策するにはむくみの原因を知ることから始めよう!

以上、下半身がむくむ原因についてお話してきました。
とくに、冬場は体が冷えてしまい、血行不良になることから体がむくみやすくなってしまいます。まずは、どうしてむくむのか、その原因を突き止めてから対策を立てると良いでしょう。

また、自分では単にむくんでいると思っていても病気の可能性ということもあります。もし、その他にも何か思い当たることがある時は早めに病院を受診しましょう。